はじめに

はじめまして、「いろり」と申します。こちらは私のトレードの日誌を記事にした内容となっています。

こちらにこられた方はおそらくトレードに興味を持ち来られた方だと思います。
ここでは主に実践とそれによる考え方の日誌を書いています。

問題なのが、世間一般で常識的なルールと言うものを一切信用してないやり方をしています。技法は「逆張り分割」と言う多くの人が否定するやり方です。
では、何故多くの人が否定するやり方を行うのか?・・・勝てるからです。

投資の世界では生き残れる人はほんの一握りと言われています。それは情報や勉強、資金量などで差が付くと思っているかもしれませんが、それは違います。生き残れる人の数は決まっているだけです。情報を集め勉強し大量の資金を多くの人が持ち投資の世界に参加するとどうでしょうか?みんな勝てると思いますか?
答えは、生き残れるのはほんの一握りです。勝ちと負けの比率は既に決まっているのです。トレードだと9割以上が負けると言われています。この比率は変わりません。

では、今皆さんはどのようなやり方でトレードしていますか?色々な本を読み、SNSでプロトレーダーを名乗る人から色々学びそれを自分のトレードに反映させ行っていると思います。これって、どこにでも手に入る情報ですよね?そして、多くのトレーダーがそれを信じ実行する手段ともなります。つまり、「8割以上が負ける」と言うルールの中にあなたがいると言う事です。

根本的にスタートから間違っているのです。

おそらく今まで必死に勉強してきたこの努力、凄く大変なモノだと思います。そしてそれがトレードで勝つ根拠にならない全く無駄な事だったとしたら大変なショックを受け自己を正当化する為に私を否定すると思います。それで勝てるようになればいいのですが、おそらくたまに勝つ事があっても安定的に勝ち続ける事は出来ていないでしょう。同じ行動の繰り返しで、似たような反省の繰り返しになると思います。
勝てるやり方でトレードをしていないのですから当然の結果です。みんながやっているからその考えが正しいと思うのは住む世界が違うからです。

投資とは実力主義の世界です。みんなと同じ事をしても勝てません。勝てる人の比率は同じなのです。

私のトレード技法は「逆張り分割」です。「逆張り」も危険「分割(ナンピン)」も危険と多くの人が言われている技法です。つまり、単純に勝ちやすいやり方となるんですよね。市場でどうでしょうか?感覚的に3割ぐらいの人が「逆張り分割」で行っている気がします。そして、ほとんどの人が間違った解釈で「逆張り分割」を行ってます。

この日誌では、「逆張り分割」の正しいやり方や考え方を実践を行う日誌となります。プロの相場師が実践ではどのような考え方でどのような仕掛け方をしているのか見て自分のトレードに対する考え方を正すヒントにしてもらえればいいかと思います。

過去の記事を載せておきます。ほとんどの人が「相場とは」を知らずになんとなくパソコンやスマホに向かいトレードしているのが現状です。相場の事をしらずに相場に参加しトレードを行う。これほど危険なやり方はないと思います。
「明日カバディやるから参加して」と言われてルールも知らずにやってるのと同じです。

FXの基礎とは
負けている人がよく基礎から勉強し直すと言っている話を聞きます。 では、基礎って何なのでしょうか? 実は私も全くと言っていいほど理解していません。私が行っているのは「相場の本質」を読み解きそれを元にトレードを行っているだけにすぎません...
トレード前に
勝つ為の研究の前に必ずこの事を頭の中に入れてください。この大前提の原則を無視してしまうため負けている人が増えると言う現象が起こっています。
「損小利大」
損小利大を狙わなければならないと世間的にはなぜか常識的な考えになってます。でも実は全く考えは違います。無理に狙って心理的に不安定な状態になったりする人もいます。今一度正しい認識を。

この日誌は見せる為にはまだ上手くまとまってません。とにかく実践を見せ考え方を伝える事を優先にしています。ブログを作るのは、素人当然でブロガーではないので記事の構成や文の書き方もめちゃくちゃになってます。
それでも、勝ちにこだわり自分の夢を追い求める気持ちがありましたら、読んでそんのない内容だと思います。