トレードスタイル

サヤ取りに関しましては19日連続ノートレードの状態になってますね。サヤ帳を記入し研究している方は何故なのかはご理解できていると思います。では、この長期休みの間は何をやっているのかです。やっている事は全く同じ5時に起きてサヤを調べ今日はトレード出来る状況かの確認です。片張りの場合だと、価格を調べ今日仕掛けるタイミングのある通貨ペアがあるのか調べていきます。
ノートレードだから怠けて遅くまで寝ているわけではありません。与えて貰うのが常識だと思っている人はこのように感じる人が多いみたいですね。

最近だと、台風が千葉を通過し各所で停電が起こり復旧工事を頑張っている中、県民は電気のある生活が普通の感覚から東電を非難したり、食に困っている人の為に移動販売車を出した企業には、「無料で振る舞え」などと言って話題になりましたね。
困っている人間を助けるのが当たり前みたいな感覚になっていますね。民主主義で国に体力がありいくらでも補填の効く時代なら良いのでしょうが、税収の67%が医療費で消えていく日本にそこまで国民を助ける体力はあるとは思いません。国債で賄う借金大国ですね。

国の税収の推移

クリックすると新しいウィンドウで開きます

また書きたい事から離れてしまいました。
今ノートレード期間が長いこの状態で自分のトレードスタイルはどのようになっているでしょうか?日常生活に支障がない範囲、また将来設計で問題のないトレード時間の計画は作れているでしょうか?私の場合は自由が欲しいので朝の5時から7時までの間は確定していますし、夜更かししても必ず起きる習慣は出来ています。
意志の弱い人間でしたら「今日は眠いから2時間後にしよ」なんてだらけ始めるのかもしれませんね。これ癖になりますからあまり行わない方がいいと思います。
「今日もノートレードか・・・」と心理的に動揺されている方は今の自分自身の状況を見つめ直してくださいね。

昨日はTwitterで投資は技術だと言う方をリツイートしてみたら、メンタルだと言う方にリプされて何も言う事が無くなってしまいました。さて、どちらが正解なのでしょうか?
簡単に答えを出す方法は、「リアルタイムのあなたの実践を見せてくれ」です。
技術屋は兼業で、もう片方はアフィリとFXで生活を夢見る経験の浅いコンサルですね。
コンサルさんはブログも公開してるみたいですね。これ普通ライン登録者に行う手法なんですが、ブログでやっている人は初めてみました。相場をやらせる側の人ですね。やる側は勝とうが負けようが一定の金額は彼の収入になるシステムです。

彼らの事が気になるのであれば「リアルタイムのあなたの実践を見せてくれ」で確認し信用出来るのあれば学ぶのもいいでしょう。

コメント