サヤ検証玉帳

サヤ検証玉帳1004

AC/ANが一気に利益に変わりましたので、手仕舞いです。この動きなら前回損切りしたEC/EN EN/ECも頑張って持ってたら利確で手仕舞い出来たかもしれませんね。おそらくこのように考え利益を伸ばす方向に自然と考えると思います。目的は金儲けなので当然の事とは思いますが、この考え方は大多数の人間が考える事なので相場の世界ではNG行為になってしまいます。
この考えは少しの油断ですぐに負けている人の発想になるのではないでしょうか?そして私がしつこいぐらい言っているのも最初はかなり意識しないと負ける方向へ考え方が行ってしまうからです。「この考え方は大多数が考えるからダメだ」と常に意識する事が大事です。
そして、EC/ENEN/ECは実践検証段階に入っていますので、今はサヤ値がいくらなのか見ておりません。「たられば」にならないようにする為です。調べるとどうしても「持っていれば・・・」なんて考えてしまいますからね。
研究は実践をしながら行うのが基本です。その為の実践練習なのですから。

見ない期間は人それぞれですが、一番いいのが「EC/EN EN/ECでのトレードをやってたっけ?」と忘れるぐらいがいいと思います。私の場合は忘れやすいし、ただの損切り程度の意識でしかないので明日の朝には忘れている事が多いです。資料作成が多すぎなので、利伸ばしも損切りも考えている暇があったら次を見ないと間に合わないのもありますけど・・・

 

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    EC/ENは実践検証段階との事ですね。
    頑張って持っていたら利益に・・って、間違いなく脳裏に浮かんできます。
    実践と合わせて意識付けを繰り返し練習しなきゃと思います。
    EC/ENの検証の結果がどうなったか、タイミングが来たら手直しされたルールで再び実践練習に入るのか、また考え方について教えていただきたいです。

    • いろりいろり より:

      物凄い間違いをしてました。ここで気づく事がわかりました。ありがとうございます。EC/ENと書いてましたが本当はEN/ECですね。逆に書くだけで売りと買いが反転してしまいますのでかなりマズイ状態でした。今検証中の通貨ペアを手仕舞ったら他の通貨ペアも行う予定でしたが、一つづつ行わないと身に付かないようですね。サヤの中にはほとんど同じ価格で拡大縮小が入れ替わる通貨ペアも存在します。技術的には簡単ですが売りと買いを間違える事があるのでトレード前の冷静さも必要になります。

      実践練習の検証に対しては別で記事にしたいと思います。今日か明日投稿できればいいのですが、考え方が複雑なので上手くまとまらない可能性もありますのでその時は少しお待ちください。怖いのが勘違いを与える事なので。

  2. Evolution-FEvolution-F より:

    返信を送った時に気付いたんですが、どちらでもいいのかと勝手な解釈をしてしまいました。反省しています。
    EN/ECのグラフが昨日描けたので、今日眺めてみる予定です。
    急ぎませんので、よろしくおねがいします。
    ありがとうございます。

    • いろりいろり より:

      一応定義はさせて頂いてます。EN/ECはEN-ECでサヤを出しています。中にはプラスとマイナスが逆転するサヤも存在しますので、混乱する可能性があります。トレードは一つのミスが命取りになります。中にはそのミス一つで破綻する人もいるぐらいなので、自分でルール化する時はミスをしないやり方を考えてください。私の場合はリアルタイムトレードを投稿したらミスしまくりでしたからね。ただ投稿するだけでこれだけミスが増えるのかと驚きました。今はほとんどミスなく行ってますが、来年からはミスは許されませんので完璧な投稿を作り上げる必要があるんですよね。

      グラフに関して少し。グラフは実は作って眺めるのは意味をなしません。サヤ取りと言う一つの技法の上でも必要と言える箇所はないのではないでしょうか。本当に必要なのは片張りの時です。そして、グラフの本来の使い方は毎日トレードをする前に記入し眺める事です。眺める時間は10秒ぐらいでしょうか。何十分もまたは時間の空いている時に見るのもほとんど意味がありません。あっ、これ負けている人がチャートでやってる事ですね。
      終値を場帳に記入しそれをグラフに書き値動きを確かめる。場帳で価格変動を確かめグラフでうねりを見て仕掛けるタイミングであるか確かめる。これが一連の動作になります。そして挫折するのがこのグラフ書きです。働いている人は朝からこんな事できないと言う人が多いみたいです。
      グラフは作ったら終わりではなくやっとスタート地点です。まずは出来たら週一回まとめる。次は寝る前に描く、そして朝数通貨ペア描くと少しづつシフトチェンジ出来るように考えてみてください。

  3. Evolution-FEvolution-F より:

    グラフについてありがとうございます。

    少し疑問が出来ました。
    現状では終値が決定する前、5時のタイミングでトレードするスタイル(今後の片張りも)で行っていますので、場帳のサヤ欄部分、グラフへの実際の記入は6時以降となりますが、『今の価格変動(サヤ値)は○○だから、グラフのうねりの中でこうなっているな、○○しよう』という流れになる。
    と、考えて良いでしょうか。

    • いろりいろり より:

      おそらくこの辺りの矛盾点が気に入らないと思います。私の場合、自分のトレードは必ず終値を記入しグラフを書いてから行います。つまり寄付きでトレードを行います。なので投稿している値板と真逆に仕掛ける事もあります。
      このブログは見せるトレードを目的としていますので、労働者など朝から忙しい人に朝7時以降に仕掛けるのかどうかの判断は難しいと思い、朝5時なら早起きすれば影響が少ないかと思い行ってます。
      Evolution-Fさんの立ち位置が前向きに相場に向かって勉強する方向へ行っているので、その考えで行動するとすると、
      朝5時に起きて仮の場帳に今の価格を見て、仮のグラフに描き値動きを確かめ成り行きでトレードし、終値が出たら場帳に記入し、資料を持って会社に行き、場帳、玉帳、元帳を空いた時間に眺め玉の入れ方、利益の出し方が安定しているのかを確認する(もっと利益がでる玉の入れ方を考えるのはNG)。家に帰り正式の資料とグラフを作成し、成り行きと寄付きの差を確認する。(大きな差がある場合は建て玉の操作が必要)
      こんな感じでしょうか。AUDやNZDの含む通貨ペアの場合成り行きと寄付きでかなりの差が出る事があります。
      まず、こんな事無理なので、値動きの少ない時間なのは理解できていると思いますので今の価格を終値としてグラフを描いて問題ないと思います。そしてそれが気に入らなければ新たにグラフを作成してください。自分の気に入った通貨ペアのグラフは描けば描くほど色々な物が見えてきますので、描き損と言う事はありません。

  4. Evolution-FEvolution-F より:

    グラフを作成するのは大変ですが、うねりや値動きをストレートに見せてくれるので、とても気に入っています。
    気に入らなければ描き直すつもりで今の価格でやっていきます。