サヤ取り玉帳

サヤ玉帳109

本日2分割目を投入しました。気づいている人もいるかと思いますが、本来今日が1分割目になるんですよね。修正を加える為にも資料が必要なのだと理解できるかと思います。

「一般投資家の多くは負けている」と言う話は良く聞く話だと思います。では、どうやってそれがわかっているのかと言うと「信用評価損益率」というモノで算出されています。これは証券会社によっては毎日公表したりしていますので一度見てみるのがいいと思います。
損益率がマイナス20%を下回ると一般投資家は大きな損失を出していると考えられています。これは、一般投資家は「信用売り」や「ヘッジ(サヤ取り)」を好まず証拠金いっぱいの買いを好む傾向があるためです。
そして一般投資家の買いポジションがロスカットされると売りが仕込まれる事になり下げ相場は加速します。この意味は解りますでしょうか?私が今書いている値板の建て玉の解釈になります。「買いポジションが利益になったから手仕舞いする」これは、今保有のポジションを売ると言う事になります。ロスカットされ買いポジションが手仕舞わされると市場に売りが仕込まれる事と同じ事になります。それが下げ相場を加速させるのです。
このような市場の原理を理解せずトレードしている人は意外に多い気がします。勉強せずにボタンを押すだけで誰でも市場に参加できる世界ですからね。

ただ、誰か有名な人が発言したから「上がった」「下がった」と考えずにもう少し深く勉強してみてください。人間心理の戦いを見る事が出来ると思います。
中には信用評価損益率を元にトレードしている人もいますが、これは誰でも手に入れる事が出来る情報です。つまり多くの人が見れてこれを元にトレード出来る状態です。誰でも出来そうなやり方は負けるやり方だとお忘れなく、ただ見るだけに留めて頂ける事をおススメします。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    理解出来ない事が恥ずかしいかと思いましたが、分からなかったので質問します。

    『本来今日が1分割目』
    昨日の時点ではまだ建てるところでは無かったとの考えですか?

    これは、うねりの周期が関係していますか?
    小さなうねりが3〜4日ごとにある中で、ルール上は仕掛けタイミングだが8日終値付近の時点ではうねりの形成としてまだ早い。という考えなのでしょうか?

    『修正を加えるためにも資料が 』 とありましたが、その資料とは記事でしょうか?
    AC/NCのグラフを片張りのグラフのように見立てて、サヤ値の縮小を下げ相場と見て、4日終値から7日終値までの動き、そこから8日終値までの動き、どちらも下げであるが8日終値までの方が下げ鈍っている。

    どちらでも無い、ピントはずれな質問でしょうか?

    • いろりいろり より:

      こちらは完全ルール化の元行っています。感覚や感情抜きにただ与えられたルールを黙々と行っていきます。
      そしてそのルールの中心が終値になって今は終値が出る前にトレードを行ってます。
      つまりトレードをした時間はルールに適用してたけど、実際に終値が出るとルール外だったと言うことです。
      その為ルールと実践を比較しながら帳尻合わせが必要になってます。

      このサヤ取りだけは特別なルールで行ってますので感情の必要ないEA用程度のモノと捉えて下さい。

  2. Evolution-FEvolution-F より:

    回答ありがとうございます。
    記事の意図を理解しました。

    7日早朝取り引き時のサヤ値と7日終値のサヤ値、どちらも59となり同じになってしまうんですが、何か見落としていますでしょうか?
    0.895と0.836⇒59
    0.89583と0.83661⇒59(59.22)

    • いろりいろり より:

      教えて頂きありがとうございます。
      これ私のミスです。終値を0.897と0.8957見間違えてしまいました。
      よくあるミスで20pipsも動いてれば再確認の必要はあるのですが、おろそかにしてました。対策と
      していつも30分足も見て確認してたんですが、最近日足のみしか見てないのが原因です。
      玉帳の記事はのんびり書いても影響ないのでこれからもう少し慎重に行います。