片張り締め日

19片張り1220

片張り収支報告
今年最後の収支報告です。

やっと少しまともな片張り分割ができましたね。EUR/GBPです。7分割目まで入れる事が出来ました。途中まで等分割での仕掛けだったのであまり気に入ったやり方ではありません。7分割入れて利益になったのが4分割なので勝率は57%ほどになってます。
建て玉なんかを見れば利益になるまでナンピンし耐えるやり方だとも言う方がいます。見た感じはそうなんでしょうね。資金管理や損切り、玉の微妙な操作なんて普通の人は見ませんからね。実は、こちらは玉を締めてますが、10月からの仕掛けでトータルで行っています。失敗と成功を繰り返し「うねり」を見て手仕舞いしては仕掛け直す。かなりシビアに行ってるつもりでした。
10月なんかは2分割目は3枚と入れてますが、他の2分割目は1枚に減らし、EUR/GBPの「うねり」の感覚のに建て玉数を切り替えてます。枚数なんかは自分自身の心理面との対話が必要になるので、ストレスのないトレードをするには自分を知る事が重要になってきますね。
分割売買の分割数が多くなればなるほど、このような考え方は他人にも見えてきます。つまり私の性格が丸見えと言っていいぐらいです。「あっ、こいつ途中から小心者になってきた」「最初はいつも強気に行く人だ」「あれ?今日やる気なさそう」などなど建て玉を見るだけでバレバレなのです。相場師がそう簡単に自分の性格を丸裸で見せる資料なので、そう簡単に手に入るシロモノではありません。
プロを名乗る人が売買履歴を見せている人もいますが、利益を出した所だけ乗せたり、根拠のないトレード履歴や、他人の力(道具)を使ったモノになりますので同じ売買履歴でしょうが、見る人が見れば天と地ほどの差を感じる事になります。

AUD/NZDは、途中からもう「あきらめ」てました。含み損が少なくなったら手仕舞いしようかな?程度の感覚で惰性で持ってた感じです。それでも29日間保有と気づけば長いものですね。保有している事すら忘れてた時もありました。
今回は普通に損切りです。丁度他の利益と相殺出来そうだったので何も未練なく行ってます。来年、グラフを見てまだ仕掛けるタイミングが残ってれば仕掛け直しすればいいだけですしね。

EUR/AUDは、両建てで往復取った感じです。ちょっと自由にやっちゃった感があって失敗したかと思います。基礎のトレード方法を投稿する為の日誌のつもりが、普通に自分のトレードスタイルを見せている事になってしまいましたからね。たまには変なやり方を見せるのも刺激になっていいのかもしれませんが・・・

収支報告では、やっと勝率を下げる事が出来たと喜んでしまいました。それは見ての通り利益に反映しているからです。勝率を下げると利益が増えます。当然の事ですよね?とまぁほとんどの人は理解出来ないと思います。私達とは全く別のルールでトレードしているのですから。
私の場合、分割に対する一連のトレードでの成功率も出しています。6週間で成功率16.6%と出ています。逆張りをやりなさい、分割をやりなさい。でも私が分割して成功しいる一連のトレードは成功率16.6%しかありません。そしてこれもまた理解出来ないのでしょう。

これは来年一年を通し、利益を出す事で証明が出来ればいいと思います。でも、相場はどんなプロでも破綻する時は一瞬の世界です。私が生き残れるかどうかも疑問です。来年の今頃もこのような結果発表が出来てましたら一度全く違うルールがある事を知って見てください。あなた自身がトレードを行っている限り、他人事ではありません。みんなと同じ考えでみんながやっているやり方で、でも何故勝てないのか。
私なら普通に「だから勝てないんだよ。」って言ってしまうその行動、自分自身で何故なのか考えて見てください。

コメント