サヤ取り玉帳

サヤ玉帳1223

本日はノートレードでしたが裏では大変な事が起こってました。誤ってサヤ取りのポジションを全決済してしまいました。
しかも朝のスプレッドが一番広がっている最悪のタイミングのおかげで確定損失がマイナス7,267円と手痛い金額となりました。その後仕掛け直しましたが、かなり不利な状況でのポジション取得となりました。
今日のミスで感覚が全く分からなくなり、スキャで逆張りなんか試して感覚を養おうと思っても上手くいかず、今回は「あきらめ」て手仕舞いしようかとも考えてます。

原因は、ctraderあるあるで、「positions」の「close all positions」と言う全決済のボタンと、「history」の「statement」と言う売買履歴を出すボタンが同じ場所にあると言う事です。残念ですがこれ私何度も同じミスをしています。
今のこのサヤ取りの口座はブログ投稿する前まで違う事に使ってましたので、その履歴を出して集計しようと思って・・・やっちゃいました。
皆さん気を付けてください。履歴を出すのは土日の休場の時にするのがいいと思います。

そして、相場師と言うのは「縁起」と言うのを大事にします。「嫌な予感」これトレード生活では物凄く重要な項目になります。一番身近に経験したのが、正月のドル円です。あれ逆張りの私は「買い」で持ってました。あの時間は普通に終値を集計する為チャートなんかを見ていますが、その時に違和感を感じました。普通に「あれ?おかしいな?」の感覚です。普通に相場経験の浅い時代でしたら放置ですが、反射的に全手仕舞いしドテン売りをしました。逆張り分割の私が順張りの建て玉数も一回にかなりの量を入れました。そのおかげで今年はかなり余裕のあるトレードが出来るのかとも思えば市場は思ったより動かず利益がほとんど出せない年となってます。人間一度に入るお金の量ってのは決まっているんだとつくづく感じます。

相場経験の浅い人や技法重視の人など感情や感覚でトレードしてない人はまず理解出来ないと思いますが、長年相場の世界にいる人ほどこの様な感覚こそ重要視します。例えば今回の間違って「全決済」これは何かの前触れなのか?なんて考えてしまいます。本当は私のミスなんですけどね。無神論者ですが、神の思し召しと考えてしまうんですよね。
このあたりは納得いかない人も多いと思います。出来るだけ論理的な説明をし手仕舞いする理由なんか聞きたいのでしょうが、「嫌な予感がしたもんで・・」なんて不信感が募るばかりですよね。
こればかりは勝を見せて信用してもらうしかないと思います。でも、すみません、サヤ取り今年マイナス手仕舞い確定すると思います。

こんな訳の分からない事を重要視しながらトレードしておりますが、よろしければお付き合いください。

さて、本日の私のツイートである方からコメントなんか来ましたね。私は自分が決めた師匠なら疑わずに黙って言う事を聞けと言う意味で語りましたが本人は誤解し受け取ってたみたいです。言葉の内容的には別に問題はないのですが、彼から伝わってくるのは、他人頼りで生きていく考え方。公務員や大企業の管理職クラスが考えそうな発想です。「教えてもらってあげよう」って感覚があるように感じました。
自己責任の相場の世界です。単純に考えても赤の他人をなぜ助ける必要があるのでしょうか?その事自体理解していないように感じます。残念ですがあのような性格だと100%相場で勝てるようになりません。証券会社に行って儲かる株を教えろって言うパターンです。儲かる株がわかれば証券界者が先に買ってますって。
あの後私のブログでも読んで見ればいいもののそのような履歴もありませんでした。自分から行動できないタイプですね。
あまり悪口を言うのもあれなんでここまでにします。目的は「反面教師」です。

コメント