あけましておめでとうございます。

今年は、皆さんに何か変化を与えることが出来る年になればいいかと思います。

本日は元日ながらショッピングモールのフードコートに独りで勉強をしに行ってきました。おそらく元旦にフードコートで勉強するのは3年ぶりぐらいでしょうか?
今年は他に勉強しに来てる子が居たので孤独感が少なかったですね。

私としては、周りから惨めに見られる事を望むって言うと変な性癖の持ち主だと勘違いされそうなんで嫌なんですけど・・・周りが楽しく幸せにしている環境の中で努力するのが好きなタイプです。見ているのは今現在ではありません。常に未来しか見ておりません。「今にみておれ!」って感情で勉強すると集中力が高まりますからね。でもこの感情をトレードに反映させてはダメですよ。SなのかMなのかわかりませんね。
少しは私の行動に触発されて勉強や研究に勤しんでくれるといいですが、これもまた行動心理学にありトレードしている人に対しダメな考え方になると言う・・・
本当に一つ一つの自分自身の考え方に照らし合わせ納得して行動していかないと難しい世界なんですよね。
もし、この記事を読み「私もトレードの勉強をするぞ!」と決心した方は要注意ですからね。その考えの心理を読み解き何故ダメなのか整理するのが先です。
今の自分自身の感情や考え方を覚え、一歩二歩深く進んで見てください。

何故他人に触発されて勉強してはダメなのか?

このように一つ一つ考えるとトレーダーとして生き残れる人の割合が2%だと言われても納得できる事だと思います。

今日はサヤ取りの検証用のグラフをを作り値動きは値幅を調べたりしてました。ここで気づいたのが、選んだ通貨ペアミスったかな?
基本形から行けばよかったのですが、選んだ通貨ペアめちゃくちゃでしたね。

「サヤ取り」ネットなんかで調べてもらえると分かると思いますが、2つの動きの似た通貨ペアのサヤの拡大縮小を取るのが目的になってます。その為、2つの通貨ペアを選ぶのが重要になってます。一番分かり易いのが、AUDとNZDですね。隣国で値動きも似てます。一方が金利発表があれば、それに付随して値動きもついて行きます。そのような安全第一の通貨ペアを選ぶ必要があります。なので、やり方としては「サヤ取り」として成立していない通貨ペアも存在します。
一応検証用なので失敗は大前提となってます。見るポイントは取り方と考え方です。

何故他人に触発されて勉強してはダメなのか?

どうでしょうか?考えられましたか?
「相場」とは自己責任の世界であり、自分の意志で自分の判断で行う必要があります。他人に触発される、または他人の意見に賛同し同じ行動を取る事は、実力主義の世界では通用しません。多くの人が負ける世界です。
勉強する事は問題がないのですが、その過程が既に負ける為の行動になってます。あなたは、最終決定は自分自身で行ったと思うかもしれませんが、「他人」に流された現実を理解しないといけません。
あなたはたった一人の個人の言う事を聞いただけだと思うかもしれませんが、あなたが行動を起こすと言う事はその他に多くの人も同じ行動を起こすと言う事です。
これは、小学校からの義務教育であなた達に長い時間をかけて洗脳してきた民主主義の世界のお話です。あなたの行動や考えはほとんどの人が同じ行動をとると思ってください。
例外はもちろんありますよ。資産家やトレーダーと生まれながらに実力主義の世界の家族に生まれ、民主主義は間違いだと教えてくれる一家です。その人は生まれながらに勝つ為に生まれたと言っても良いでしょう。

今日はTwitterに書いた技法と技術について書くつもりでしたが・・・話がそれてしまいました。

心理面についてはトレードで一番重要だと思っています。自分自身を理解し考え方をしっかり持って勉強してみてください。私も伝えるのは中々難しく上手く言い表せる事ができません。そして、たとえ理解しても時間と共に元の洗脳された感覚へと戻ろうとします。意思をしっかり持ち常にトレードが出来る心理状態を保ってください。


コメント