片張り情報

朝起きたら2通貨ペアしか残ってなかったので少し混乱してました。もしかしたら昨日の値板を書き間違えたかな?とか・・・2つ指値で消えてます。

相変わらずタイミングは全く合ってませんね。普通の人だと焦るんでしょうが、ゆっくり修正して行くのが原則です。慌ててはいけません。
慌ててない原因は「失敗」が全部利益になっていると言う事も大きいのではないでしょうか?「逆張り分割」と言う含み損を増やす心理的にストレスの大きいと言われている技法が、実は一番心理的に安心できる技法だと言う事自体知っている人は少ないです。
本や偉そうな人がそう言ってたから危険、勉強不足でいきなり嫌々行った逆張り分割で最初から心理的ストレスの大きい状況で行ったのに「逆張り分割」へと責任を押し付けるバイアス。
相場を勉強すればするほど、どれだけ心理学が重要なのか思い知らされます。

今日、もしUSD/CADを損切りしても昨日適当に仕掛けた3つトータルで利益で終わらせる事が出来ます。つまり、適当に仕掛けても50%の確率で当たるのです。
上か下かを予測する人はどうでしょうか?この適当でも50%で当たる事を入れているでしょうか?
もしかすると「予測」は外れてて、たまたま50%で当たって利益になったかもしれませんね。このような事を考えれればいいのですが、ほとんどの人は浮かれすぐに次の仕掛けのタイミングを探したりしてしまいます。


コメント