片張り締め日

20片張り0126

逆張り収支報告
20元帳0126

今週はミスの連発で終わってしまいました。値板の書き方を昔のやり方に戻しましたのでこれからはミスが少なくなると思います。無くなる事はありません。
ミスに対して否定的な人が多いと思いますが、FXと言う不確実な答えのない世界では、ミスに対して否定的な考えを持つ事は致命傷を意味します。「ミスや失敗はしても良い」と考えるようにしてください。そして、その後に最適な処置をするのです。

今週は「指値」での損切りが一度もありませんでした。1月23日のEUR/CADの仕掛け忘れは置いといて・・・
ここで、「指値」が無くなったわけですが、その時の問題が今まであれだけ指値で引っ掛かったのにいきなり来なくなったと言う事です。市場の流れが変わったのか、自分自身のトレードの感覚が大きくズレたのかと考えないといけません。今回はわりかし強引でしたけど、市場の動きも50pips以上の値動きが少なかったように感じます。
このような事を一つ一つ受け入れ検証し研究していってください。ほとんどが感情面に対する考え方なので勉強ノートにどのように書いていいのか迷うと思いますが私の場合は元帳がそれを示しているので見ればわかる状態を作っています。考えるだけでそれに対する対策や勉強を考えないと言う事ですね。
全ては実践中にそれを反映させていくのです。

でも、安定的に利益を出せてない人は勉強ノートを作りまずは勝癖を身に付けないといけません。この辺は凄く難しいと思いますのでゆっくりとどのように書いていけばいいのかなんて考えてみてください。感情面に対して論理的に書いちゃうと逆効果になるのでご注意を。

今回はトレード回数5回で全て利益で終わってます。EUR/GBP損切りするかもって言ってたのがやってませんでしたね。ミスの後だったんでそこまで手が回りませんでした。今このEUR/GBPが含み損の大きな損失を持ってますね。マイナス11,148円となっています。損益分岐点が0.84613なので27pipsほど上がるとプラマイゼロになります。しばらく様子見でしょうか?次は多きく下げてからの買い増しになると思います。

今日は頭が回らず上手く書けません。そして、私の場合はこの日誌は何を書くのか考えず思いついた事を書いています。つまり、私のトレードスタイルと同じなんですよね。その時感じた事、思ったままをトレードに反映させていくスタイルです。この方が自分にあったトレードができますでしょ?

SNSなんかでは、色々な自称トレーダーが叩かれているのが目立ってきましたね。自信過剰な発言をする人ほど短命に感じます。そうしないとフォロワーやファンの人は増えないのでやらざるを得ないんでしょうね。信者を増やし必死に別の収入源を得ようと必死さが逆に自分の首を絞めている状態です。
これも、トレードスタイルが順張りであり、含み益を作る作業が原因の一つであると推測ができます。どうしても保有ポジションが利益になると余裕資金も増え安心感の得られるトレードであると同時に傲慢さや欲も同時に植え付けられます。もちろんそのような考え方ではトレードで正常な判断は出来るはずもなく長く続かないのは目に見えてます。
逆張りの場合はどうでしょうか?常に含み損を作るので、どうしても考え方はネガティブになり、考える事はリスク管理や資金管理が優先になってしまいます。発言も逆に行く事を考えながら仕掛ける矛盾があり「まだ下がりそうだから買いを入れた」なんて言っても理解を示してくれる人なんていないので語る事がありません。

トレードスタイルから既に生き残れるかどうかが決まっている事はほとんどの人がしりません。強靭な精神力があれば順張りで生き残れますが、これはほぼ皆無です。私と同じ考え方やメンタルの弱さのある人はどうしてもリスク管理優先の逆張りで行わないと生き残れないのが現状ですし、ほとんどのプロの相場師も逆張り分割と言う技法を使い生き残っています。
まずは、自分自身のトレードに心理面が凄く関与している事を理解しないと受け入れられないと思います。ここまで考えられるようになる為にはかなりの損失を経験しないといけないんでしょうね。



今日はどうしても欲しい本が頭から離れない・・・やっぱり買っとけばよかったかな?

コメント