片張り締め日

20片張り0208 1

片張り収支報告
20元帳0208

収支報告から勝率が安定してきており良い感じに調整が出来ている様に思います。逆張り分割の成功率は今週37.5%と思った以上に高い数値になっていますので、この辺の調整が難しいですね。戻りのスピードが速いのが原因でした。

本来、順張り派なんかが行う損切りでの利益が2,103円ほどになりますので、いい感じに利益に上乗せ出来ましたね。逆張り分割派なので、利益の方向へ動くと失敗と定義し損切りを行います。
この理解はおそらく「逆張り分割」と言う技法を本格的に学んだ方しか理解は出来ないんでしょうね。
ただ、現実にこの失敗が利益となり年率を上げています。

では、順張りだとどうなるでしょうか?今週の利益は9,888円です。失敗での利益が含まれてますのでこれを差し引くと7,785円が本来の利益です。そして損切りがマイナス2,103円なので、5,682円が今週の利益になります。このカラクリがわかりますか?選挙で選出者が2人いてあなたが片方に投票した時に、もう片方が勝ためには2人分の票が必要なのと同じ感覚か?違うか・・・・

本来ないはずの利益と損切りとして入る損失と言う倍のマイナス4,206円が引かれるのが順張りになります。そして、「高く買い、さらに高くなって売る」と言う最初から不利なやり方をしてしまうやり方を行えばおそらく今週は損失で終わってる可能性もあります。順張りやトレンドフォローは心理的安心感が得られる代わりに負けへの道が確定している技法ともなります。これをトレード初心者が行うんですから勝てる方がおかしいです。
もちろん順張りやトレンドフォローを否定しているわけではありません。ちゃんと技法として成立して名前もありますからね。ただ、最近どんどんカタカタの技法や新○○理論やら本来ある技法にアレンジを加えたりエリオット波動みたいなチャート遊びは否定させてもらってます。

市場は波を形成します。まずは初心者でも簡単に利益を出せる「逆張り」から始め「つなぎ」「順張り」と行うのが自然とプロへ続く道となると思います。何事も初級コースから始めるのはセオリーですよ。

EUR/GBPは4分割ほど玉を手仕舞いしてますが、今週の損益分には含まれておりません。一連のトレードが終わった時に全部まとめます。
この通貨ペアなんか含み益が18,000円となったと思ったら一気に含み損となったりと心理をかき乱す動きをしているので面白いですね。成功するかどうかわかりませんが、上手く手仕舞い出来れば、目的は何だったのか、場帳兼玉帳でも作成して値動きの上下の心理状態や玉の操作の目的なんて説明できればいいですね。

コメント