片張り情報

本日は両建てでの仕掛けになってしまいました。一瞬の迷いが生じた結果の両建てですので吉と出るか凶と出るか・・・この部分が価格の動きと自分が毎日場帳を付けている感覚とマッチしているかどうか確かめれる良いポイントとなります。

これは意外と重要で、最初に場帳を記入して値動きを見て本日の仕掛けが決まった後に「あれ?でも?」なんて感じる事があります。この時、どちらを優先するのか迷われると思います。答えはもちろんありません。毎日の資料の作成から心理的安定感があるのか、自分の経験が生かされる所です。
そしてそれを確かめる作業として実際に少ない枚数で仕掛けてみるのもおススメです。失敗ありきの建て玉ですね。損切りが苦手な一般投資家が多いので、まずはこのような失敗しても自分の身に付く仕掛けなんてやって損切りの抵抗を無くすのもいいかと思います。

EUR/NZDは「売り」の指値を消したかったので仕掛けています。そして、EUR/AUDとEUR/NZDの「買い」は両建てなので指値は入れてません。故意にルールから抜け出す為にやりました。これでこの2つの通貨ペアでは自由な仕掛けが可能となりました。その分危険も大きくなりますけどね。

目的はスワップ狙いです。日本のFXの業者なんかは「今がスワップのチャンス」だとうたい宣伝してたりします。でも、スワップで上手く安定収入生活できる人は少なく、ほとんどの人が失敗に終わります。そりゃそうですよね。分割を知らない、資金管理出来てない。不労所得だ(欲)。ですから、負ける為にやっているのも同じです。

そんなわけで、この2つの通貨ペアはスワップ狙いで安心して放置できる状況までもっていけるかのテストでもしようと思ってます。もちろん失敗と感じたらサクッと手仕舞います・・・と書いている時点で面倒になってきた・・・

もし将来本格的にスワップ狙いでの仕掛けを行いたいと思っている方は業者選びが重要になってきます。ここで使っているtradeviewと言う業者はあまりスワップ狙いに適してませんので、興味がありましたらお知らせください。

コメント