片張り情報

EUR系が面白い動きをしてますね。株で言う仕手株や先物でよくみられる動きをしています。簡単に言うとギャンブル相場で一攫千金や刺激が欲しい人向の相場と言えばいいのでしょうか。
1日の上下の値幅も大きいので「買い筋」と「売り筋」との攻防が凄まじくなっていると言う事です。

そのおかげで私の保有ポジションも損失が大きくなりましたね。
自分の利用すると決めた通貨ペアでこのような動きになりましたら、まずは場帳をしっかり付け値動きを感じ取ってください。こんなの想定外だからと無視するのではなく、想定の範囲内と認識してください。いついかなる時もありえない動きをする。そしてそれに対して対応できる資金管理を行う。
「しまったは仕舞え」とはいいますが、「しまった」と感じた時にはどうする事も出来ない状態になっているのが一般投資家です。
金儲けで行い始めたんであれば毎回ロスカットなんて絶対ダメなのはわかっているはずです。楽しさや興奮を求めて金を稼ぐ行為はイコールでつながりません。
競馬で生計を立ててる人は、自分の好きな馬や騎手に賭けるのではなく、しっかりデーターを取り手堅く勝つと聞きます。そこには面白さや興奮もなく、生活の為の必死さがあるだけです。

一応、仕手株特有の動きをしていますので、少し仕掛け方を変えてみようかな?とか思っています。
「天井3日底100日」と言われる相場の世界。この「天井3日」を「売り」で持つことがどれだけ難しいか、少しリスク管理しながら行ってみたいと思います。もちろん「ヤバイ」と思ったらすぐ逃げますからね。

コメント