片張り破綻報告

破綻報告って・・・
Twitterでは先に報告をさせて頂きました。ここまで動くのはさすがの私も想定外としか言いようがありませんでした。資金管理は充分に行っていてダメなのですからこれは諦めるしかないでしょう。

今回の件で片張りは危険だと認識できたと思います。私の方もメインの口座で400万近い損切りを行いました。この状態から利益にもっていく自信が無かったためです。
片張りに関してミラトレをまだ行ってる人がいないと祈りたい気持ちです。
そして、それ以外にもし全ての資金など失いお先真っ暗だと言われる方はここからがチャンスだと言う事を覚えて欲しいです。プロは誰でも一度は挫折をしています。そのおかげで資金管理やリスク管理に敏感になり長い年月を経て利益を積み重ねる事ができます。絶対に自暴自棄にならないでくださいね。

今回の動きに関して心理的にマズイと思ってた事を語ります。
まず、今、日誌用の口座とメイン口座で大きく損失が出てますが、あまり何も感じてないと言う事です。メイン口座では両建てで保有してましたが、普通に全決済させました。日誌用では、15万円振出してましたのでトータル35万円の損失となりました。
35万の損失。普通の人からすると決して少ない金額ではない為、金銭感覚のズレがかなり出ていました。見てもらっている人の為を考えてなかったと言う事ですね。
その為今回は「しまった」との感情が全くありませんでした。

一番の問題がこの「しまった」がないと言う事です。
これは相場で生き残る為には必須の項目です。嫌な予感がしたから手仕舞いする。これがないのであれば普通にEAでトレードが出来てしまいます。
これに関しては今まだ調査中です。

ルール的には、1分割目から500pips逆行を見ていてそれを越えた時点ですんなり手仕舞いしていればよかったのでしょう。スワップ狙いなんて「欲」を出してしまったばかりに・・・ルールが通用しない事の証明ですね。GBP/JPYでは1900pipsの逆行を想定してたりします。これはもう論外ですけどね。

そんなわけで片張りをこれ以降見せるのは危険だと判断させてもらいます。
この日誌の目的は「守破離」の考えで同じ事をやらせて技術を学び上達してもらう事が目的でした。お手本が破綻したらダメでしょ?
なので早めに破綻してくれて逆に助かった感もあったりします。

残るはサヤ取りですね。サヤ取りの特徴である安全性が出てノーダメージです。
そして今回の値動きから資金管理からリスク管理全て出し直し修正してみると片張りよりサヤ取りの方が利益率が高くなるまでになってしまいました。
片張りでトレードする意味がなくなるとは・・・一応、違う方式の片張りトレードも存在はするのですが、損切りばかりを行い最終的に利益に持っていくスタイルとなりますので、かなり強い精神力がないと無理なやり方になりますし、まず受け入れれないやり方だと思います。

今回の値動きで片張りの危険性、そしてサヤ取りの安全性と言うのが理解出来たかと思います。
「サヤこそ相場である。サヤに背を向けては相場の第一歩は成り立たない」
なんて言われるぐらいですからね。
大きな失敗を経験した事がない人はFXはやっぱり「サヤ取り」のみがいいのかもしれませんね。

そいう言う事でこれからは、「サヤ取り」のみの投稿とさせて頂こうかと思います。そうなると投稿回数がかなり減ってしまうので見て参考にする人からどう捉えられるのか疑問が残ってしまいますね。
ネタが尽きるのか・・・色々聞きたい事があれば助かるんですけどね。

そして重要事項が一つ、運転資金は必ず余裕資金内で行いください。私の場合はFXにつぎ込んでいる運転資金は総資産の3分の1です。基本的にはプロになった時点で無収入で3年から5年生活出来る資金は欲しいですね。
ただトレードで上手くなる事を目的とするのではなく、このような事も考えながら成長してもらえたらいいかと思います。

下手くそトレーダーより

コメント