USD/JPY0330

少し期間が空きました。先週は「見」にまわり値動きを見てましたが、全く問題はないと感じ今週から再開です。

10枚10枚の2分割で終わりました。実際仕掛けようとすると下げ相場なのでかなりの抵抗がありました。チャートは見ての通り、緩やかな下り坂。この動きはトレンド特有の動きで、下げ始めると何処まで下がるのか分からない逆張りからすれば怖い相場となります。急激な値動き。つまりファンダメンタルズ的な一般投資家を利用した値動きに対しては、本来あるべき価格へと戻るのでそれを狙ったりしてます。

下げ相場を「買い」で取る。今回は窓の開きのスタートだったので、ある程度は抵抗なく行えてます。だって閉まるのは分かってるんだから・・・
それなら強気の多い枚数を仕掛ければいいじゃん?なんて言う人もいますが、枚数を多くすれば心理的負担も増えるのは当然の事で、冷静な判断力が失われることも想定にいれたトレードを行わないといけません。一般投資家が気づかない部分ですね。
トレードとは技法だと勘違いしている人達です。

相場は逃げないのだから自分の出番が来るまで待つのが基本です。「休み」を入れる。年がら年中トレードするとプロの相場師も負けるといいます。
ゲーム理論で説明した「ツキや運の流れを重視するシステム

マネーゲーム
FXをマネーゲームから見てみました。

を利用し負ける確率を下げていくのです。

今回は多くの人が市場の値動きについて行けず負けた方が多いかと思います。そして来週の雇用統計が待っている状態です。今のままですとアメリカの失業率はすさまじい事になってますね。では、発表とともにどうなると思いますか?
おそらく皆さんの思っている動きにはなりません。価格を動かせる人がいないんですからね。

コメント