片張り締め日

投稿の仕方を変えます。いつも紙の資料に書いてそれをエクセルに書き込んでましたが、時間が勿体ないので、ctraderのHistoryデーターを投稿していきます。

元帳はそのまま作っていきますが、画像での投稿を行っていきます。表示は見やすいように少し変えました。見やすいのと、実践で利用できるのとはまた別の話なので気を付けてくださいね。

年利がマイナス69%と厳しい状況の中、勝率がトータルで65.8%となっています。勝率がいかに無意味なモノなのかよくわかりますね。
勝率は高ければよいと勘違いする人が多いですが、勝率は自分の安定して収益を上げる事が出来るようにするための要素でしかありません。私の場合は破綻する前の勝率が75%と私的にかなり高い状態を維持していました。
ゆっくり勝率を下げて行こうと思ったけっか、市場の動きが早すぎましたね。

玉帳の投稿はないのでこれからは、このようなデーターになります。かなり見にくいですよね。どう考えても、これらを整理して理解して行く為には自分から動くしかないと言う状態です。「見るだけ」から「技術を身に付ける」と言う行動への切り替えです。
今現在の社会情勢やコロナの影響力で経済が混乱し、雇用が奪われる可能性もある世界を身に染みて実感していると思います。中にはそれでも「おれは大丈夫」だと言う人もいます。リーマンの時は、まずは派遣から切って行った。残業を減らすと来年の計画残業時間に影響が出るので、そのまま仕事が無くても残業出来るとか・・・
中にはこのような、全く不景気に動じない人もいますが、さて、これから今後も通用しますでしょうか?終身雇用の見直しなんか行ったら、調べられまず切る人はこのぬるま湯に浸かっている人達です。
もう少し一人一人危機感を持ってください。

そして、景気不景気に関係のないのが、投資です。関係ありそうだけど、だから何?程度でしかありません。「ピンチはチャンスだ」投資のやり方を知らない人はこの言葉すら知りません。まずは正しい投資の知識の勉強を行ってくださいね。

一応、一般向け以外は出来るだけ早く会員制にしたいと思います。無料で見せるモノは見せたし、不特定多数の人に見せる情報ではないことは確かなので。
スクリーニングだと思ってください。無料で得られる情報は真剣身も薄れご自身の行動を鈍らせる事は実証済みのはずですから。

コメントやDMなどの質問をし前向きに努力されている方は、無料でそのまま学びの場として問題はないと思いますのでそのまま無料で見れるようには致します。

この日誌では、会費を取り収益を上げようなどとは全く思って無いと言う事をご理解して頂けるとありがたいです。と言うか私の時給換算から日誌投稿の時間をトータルすると大赤字ですからね。
そうそう、自分の時給なんか考えてみるのもいいかもしれません。「あなたは時給いくらですか?」と聞かれ答えられるようにすると自分の1時間の価値を知る事が出来ます。サラリーマンの労働での時給とは別です。あなたの身に付いている技術、知識が実際どれだけ利益を出せるのかです。労働者で「俺の代わりはいない」なんて言っている人は考え方が甘いですよ。

コロナの影響で厳しい発言をしてますね。実際に会って現状を聞くと大変な状態見たいです。そろそろ食料品の備蓄なんか考えないと本当に食糧難まで発展してしまうかもしれません。
そしてその混乱中に色々と動きたいなと思っています。失敗するかもしれませんが、プロデューサー的な事をやろうかなってね。

コメント