コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    プロバイダーとしてのトレード数や取引スピードは、ほんと凄まじいものとして映りました。
    保有時間の短いものが多く、履歴なんかで追っていこうとしても一度に6行くらいしか見れず、無理でした。
    1日に2度3度見る程度の事では当然ですね。
    履歴を紙に全て書き出して、グラフと比較しながら『何をやっているのか?』を調べて行かないと出来ないなと思いました。

    cBotの勉強は思ってたより難しかったので、のんびりペースでやります。

    あ、そう言えば今日からcServerになってません?

  2. いろりいろり より:

    cServerが何処の部分なのか見つけれなかったです。てっきり雇用統計の時もcbot止めたのかな?なんて思ってましたがbotのままでしたし・・・

    cbotはネット上である程度仕上がってるプログラムをダウンロードできますので、それを繋げて自分流に改良って言うのが近道かもしれません。説明は全部英語ですが・・・まずは、自分が勝てなきゃbotは作れないって言うのがありますね。

    あとは、今出しているcopyが年利何%でどれぐらいのライブコピー者が出るかですね。目標年利を上げると運転資金も多くして他のサヤ取りの出来る通貨ペアも増やす必要があります。
    運転資金を多くするとコピー者が少なくなる恐れもあるし・・・色々な資金タイプで戦略プロバイダーになるとか・・・そうなるとマーケティングの話になっちゃいますね。
    彼みたいに400人ほどのcopy者が付く為には、こちらは年利は少ないのでやっぱり長期間で安定的に右上がりな利益を見せる必要がありそうですね。

    今日デモ口座の参入が気になったので自分でもデモ口座を作ってみました。デモでコピー参加者が増えてますが、私です。「copiers stats」とか「ボリューム」がライブとデモでどう動くのか調査してくれると嬉しいです。

  3. Evolution-FEvolution-F より:

    回答ありがとうございます。

    すみません、cServerの件、言葉足らずでした。
    いろりさんのプロバイダーアカウントでの取り引き履歴の事なんです。
    昨日から決済履歴のチャネルがcServerになってたと思います。
    けど保有ポジションのチャネルは、cTrader 2 iOSですね。
    cServerってサーバー利用ですよね?

    botについてはそうなんです。まず自分が勝てるようになってからなので、焦らずと思ってます。

    今の年利だと確かにライブコピー者は増えなさそうですね。そこに1日1回有るか無いかのトレードでは、投資家心理は全く満たされないでしょうね。

    コピー参加者、2人になっているの確認しました。
    また、データ確認して報告しますねっ!

  4. いろりいろり より:

    恥ずかしいトレードだったのでお気に入りから外しといて下さい。
    次は違う口座で一から片張りで長期的に年利50~100%の間を狙ってマジメにやるつもりです。
    コピー者がどれぐらい増えるのか確認してみたいですからね。

    サヤ取りに関して他に気になる通貨ペアがあれば教えてください。私の方でも研究してみます。

  5. Evolution-FEvolution-F より:

    サヤ取りで気になっているペアは、EC/EUとAC/AUです。
    サヤ値まで調べた段階で、まだ帳簿が作れていない状態なのですが、次に作成する予定です。
    他にはEC/UCが候補かなと思っています。
    まだ研究が出来ていない状態ですみません。

    cTrader Copy、年利が50~100%だとコピー者が増えそうですね。

  6. いろりいろり より:

    この3つの中だとAC/AUしかないですね。前回メモで投稿した記事が3月9日に破綻するかどうかのデーターです。
    おそらく、他の2つはあの日一瞬で300pips以上のサヤの拡大縮小が起こったと思います。
    利益方向へ大きく動く事も考えられますが、サヤ取りの目的とそぐわないので、私の方では、AC/AUを研究してみますね。
    今やっている中に入っているかと思ったら入ってなかったので一からになりそうです。

  7. Evolution-FEvolution-F より:

    回答ありがとうございます。

    あの時の真逆の拡大は本当に怖いですね。自分では3月9日のあのタイミングで同方向に動いていたペアから選んだつもりだったのですが、再度確認してみます。

  8. いろりいろり より:

    もしかすると私の勘違いもあるのでお願いします。
    今回ので、10個のサヤの研究をしてたのが4つまでに減ってしまいましたからね。6個がゴミ箱行きとなってしまいました。

    最初からどのサヤが安定し安全なのか知っていれば楽なんでしょうが、ゼロから1を作る作業は本当に大変ですからね。90%以上が無駄な作業って言ってもいいぐらいでしょう。

  9. Evolution-FEvolution-F より:

    確認してみました。

    まず大まかにですが、3月9日の30分足で見た10:30の足で、E/C,E/U,UCはどれも上ヒゲ陽線になっていました。
    E/Cの最高値と最安値の差は329.9pips、上ヒゲが162.7pips
    E/Uの最高値と最安値の差は119.9pips、上ヒゲが67.8pips
    U/Cの最高値と最安値の差は147.1pips、上ヒゲが62.8pips

    念のため10:40、10:45、10:50での5分足でも確認しました。
    3ペア共に陽線、陽線、上ヒゲ陰線の順で同方向に推移していました。

        10:40 10:45 10:50 10:50のヒゲ先
    E/C 1.55066→1.55551→1.57173(1.58138)
    E/U 1.13837→1.13987→1.14657(1.14950)
    U/C 1.36223→1.36457→1.37077(1.37574)

    動いた方向は同じですが、E/Cは大きく、E/UとU/Cは少し小さく動いた感じです。

    同じ方向への変動でも、ACとAUは動いた幅も同じくらいですね。

  10. いろりいろり より:

    ごめんなさい。ちょっと意味が解らないので、やってもらいたかったのが、3月9日の10時30分が終値のローソク足の乖離した方向でのヒゲの価格だけが必要です。

    サヤ取りは日足でのトレードとなっていますので、他は何も必要ありません。
    EUR/USDとEUR/CADで言うなら両方最高値の部分「Hight」の価格だけです。
    他の情報はトレードに悪影響を及ぼす、研究に時間がかかると言った具合で私は必要ないと判断しました。よくいるのが全てのデーターを取りそれらを融合させたりしてより難しいロジックを作成しようとする所です。トレードのルールはシンプルで充分なのです。

    話がそれてしまいました。

    3月6日終値

    EUR/USD:1.129

    EUR/CAD:1.515

    サヤ:386

    ここで、「売り」「買い」どちらでもいいのでポジションを持ってたと仮定します。

    3月9日10時30分足最高値

    EUR/USD:1.149

    EUR/CAD:1.581

    サヤ:432

    3月9日サヤ – 3月6日サヤ = 46

    となります。46の数字は460pipsと同じ事ですので、一瞬にして460pips3月6日から乖離した事になります。「サヤ取り」の本質から抜け出てます。

    10万円の資金で行って1枚入れて4,600円。損失方向に動けばそれを回収するのに半年、そしてそこから目標利益にするのに1年と言う事で、その年の生活費は絶望的となります。このような状態になってそれでも冷静さを保ちペースを変えずに
    いつも通りのトレードが出来る人なんてほとんどいないでしょう。

    みたいな感じで切り分けを行いました。とにかくいらない通貨ペアを削除するのが目的だったので、私の方が凄い勘違いをしてこのような研究をしているのかもしれません。一応実践中だったら。と言う事を入れての研究です。

    一応これで切り分けたのが、カテゴリー100とカテゴリー300です。おそらく今後二度とこれ以外のサヤは見ないと思います。

  11. Evolution-FEvolution-F より:

    すみません、ややこしく考えてしまい、かえって説明にお手間をかけさせてしまいました。
    でも説明ありがとうございます。

    なるべく一番拡大した瞬間の一番拡大した値を探さないとリスクを認識出来ないと思い、そして私は脱線していました。
    元々は逆方向に動いたペアだけ省き、選別していました。それはそれで不足でしたね。

    3/6終値から3/9 10:30のヒゲの価格までのEURCAD/USDCADの変動サヤ値は33で、こちらもOUTでした。

    今回の選別基準をクリア出来るのは、AUDCAD/AUDUSDだけでしたね