サヤ取り玉帳

いつもはエクセルで履歴を落とし表示してましたが、今日何故かエクセルが起動しなかったので急遽、HTMLでの玉帳になります。

そしておそらく今日のこのトレード結果は悩みに悩まされると思います。結果は利益となりしたが、仕掛ける時の感情とは別の結果を得られたと言っていいでしょう。

「サヤ」は微妙な位置からの仕掛けとなりました。一応正常値にはならずまだ縮小している状態。そして「押し目」。仕掛けるタイミングとしては何も問題ないのですが。「うねり」が微妙なのです。

このあたりは、完全に個人の感覚論になってきますので凄く説明は難しいですね。
利益にならない方が良かったと考えてもいいぐらい悩まされます。

一言で言えば「もうはまだなり、まだはもうなり」

サヤ値やグラフを毎日書き、そして「うねり」を感じ仕掛けるタイミングを探る。これが、自分の中ではいつのまにか先入観が入り「まだ下がるかも」なんて感情がどんどん強くなっていきます。そして「まだ下がるはずだ」と根拠のない自信へと変わって行きます。
仕掛ける前の感情はどうでしたか?「ここで仕掛けるのは怖い」「まだ下がると思うのに何故ここで仕掛ける?」感覚を養っているつもりがいつのまにか自分のやっている技法も忘れ、論理的に物事をとらえようとしてしまいます。これはプロでも簡単にこの罠にハマり破綻する原因になります。「こうなるはずだ!」はありません。
理論はダメな事を理論的にダメだと理解しているはずなのに、気づけば・・・

一応、サヤ取りは逆張り分割で行っています。一撃必殺ではありません。初動の玉は少なくし値動きを感じながら玉を調整していきます。
早く言えば最初の玉はどこから入れても良いのです。そしてダメだと感じたら損切りをすればいいだけ。その為の玉数の少なさですからね。これなら「もう」にも「まだ」にも対応が出来るのです。
今回、私は損切りの方向への考え方のが強かったですが・・・

こんな事はどうでもいいんですよね。実際にもっとヤバイのがプロでも負ける方向へと進む先入観。これは長く安定して利益を生めば生むだけゆっくりと強力なモノとなり浸食を開始して行きます。ホントに気づく時は破綻した時。と言うぐらい恐ろしいものです。
そしてこの対応策の一つが損切りをする事となります。「勝率にこだわるな」なんて言ってたりしますが、損切りを行い勝率を下げろって事なんですよね。私は前回、乗せで仕掛けたりして失敗して損切りを行ってますので、この時点で感覚が戻っちゃったんでしょうね。変な先入観がなくなり、リセットされたと言えばいいのかな?

自信のある時こそ損切りする。このような行動も実際にやってみないと気づかないんでしょうね。一応、損切りより有効な先入観の解除方法はありますが、サヤ取りだと難しいので片張りで見せれる事があれば見せたいと思います。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    仕掛ける時の、あの感情をあざ笑われているように手仕舞いとなりました。
    またしても分割は入れられず、肩透かしを喰らったようでした。
    うねりに関しては、どう表現しすれば良いのか、5月に入ってから煮え切らない動き?惰性で動いている?ように感じています。
    なので一旦リセットし、また明日に寄り付きの価格とグラフを観て直感的にどうなのかをみようと思っています。

    しかし、そこから先に話されている事は、ずばり今の悩みそのものです。
    先入観で強まる感情の事や損切りなど、悩みのさなかでうまくコメントが出てきません。
    今一番の課題かもしれませんね。