USD/JPY0511

昨日の時点で利益になってたのを確認していましたが、保有しようと思ってました。そして今日の朝手仕舞いです。
利益は少し減らしましたが、一つのルール。どれぐらいの期間持つのか?

常識的な事ですが、以外と疎かにしているのが仕掛けてから手仕舞いする期間の指定です。株の空売りなどは期間が決められてますのでそれを意識してトレードする必要がありますが、FXの場合だとありません。自分で設定しないといけないんですよね。
そして、私の場合がどんなに利伸ばしのチャンスであろうが、含み損になっていようが、手仕舞いするのが今日の朝までです。本当はこのような敵に塩を送るような話はしてはいけませんので、自分の決めたルールは他の人に漏らさないようにしてください。
多くの人は、期間より利益に目が行きます。一度、期間を設定してトレードして研究してみるのもいいかもしれません。区切りがハッキリしていますので、意外と期間を決めた方がトータルの利益は多いって言う人もいます。

トレードに関しては意外と早いスピードで値動きを感じましたので途中からブレーキをかけました。最初は両建てからのスタートで、まずは朝の窓の閉じを狙っての下げを狙ってましたが、そのまま上がりました。
なので、2分割目までの「買い」を一度手仕舞いしたあとに、また両建てを開始しています。

基本的には月曜日の15時の値動きで「うねり」の感覚なんかつかみ期間を考えたりします。今回はその時点で長期になると判断しました。動きがないのでまだまだ上がるなってね。

チャートを見てもらえれば解ると思いますが、6分割目と7分割目が大きく上げたらすぐに「売り」を仕掛ける。と言った感じをしなくなってます。上がったら少し様子見をして仕掛ける。保ち合いを確認して、上がりそうだと人間がそのような心理を感じるような動きをしたら「売り」を仕掛けると言った具合です。

「大衆は常に間違える」

このおかげで7分割目がキレイに天井付近で仕掛ける事が出来ています。
そして勝率は33.3%でも利益になっていると言った感じです。必要経費は66.6%かかってしまいました。
多くの人がこの66.6%の経費をいかに少なくするのか考えると思いますが、私の場合はこの経費があったから利益が出せたと考えます。

コメント