片張り締め日

今週は1通貨ペアのみの手仕舞いです。
保有数は増えてますので来週は何かしらのアクションがあると思います。

先々週は来週積極的に行おうと思ってまして、おそらく積極的にトレードを行うと損切りを数回してたと思います。
おそらく、今の私の思考はアマチュア投資家並みの判断力となっていると言う事ですね。
芋を引いてトレードしなかった時は、トレードしてたら利益が出て、積極的にトレードしてたら、損失が出ると言ったパターンです。

そして、このような結果になる事を実践の積み重ねを経験し、感覚として体験している事で無駄なトレードを少なくする事が出来ていると言った感じです。
「今の私のこの思考は、ヤバイ感覚になっている。波動を感じ取れなくなっている。リスク管理を優先にし、トレードを控えよう」
と言った感じでしょうか?トレードに一番必要なのが技法ではなく、このような感覚なのです。
トレードを止めて教える側になった人が絶対に感じれない部分になります。
一番重要な部分なのに、実際のお金を使わず研究した内容を教えるだけなので、真剣身も薄れ「嫌な予感」を感じれなくなります。
その前に、実践を止めて教えている時点で、技法重視、チャートのライン引き重視の考え方なので、ほとんどの教える人は違った方向へと動いているんですけどね。

こんなわけで、週末はポジションを増やしました。目的は、今の私の感覚と市場の動きを本格的にリンクさせる事です。
実践を伴わず、このような今の私の感覚がマズイと判断出来ているので、それの修正にはやはり、実践しトレードをする必要があります。出来れば「損切り」なんか出来るといいかな?とか思っています。
一番いいのが、今長期で保有しているAUD/CADの玉を色々操作する事です。4分割目まで入っているので色々な事が出来る状態ですので、感覚を養うには好都合な通貨ペアになっています。
ただ・・・やる気がでない・・・

普通に年末まで持っててもいいかな?ぐらいの考えになってたりします。この記事を書く事で気が変わればいいのですが・・・

 

コメント