値板200618-1

またやらかして一括決済してしまいました。
やりたかった事は、今戦略プロバイダーの分析をしていてそれをマニュアルで動かしてみようかと思いました。

結果は、1分足で見てしまって1分割目を仕掛ける値幅を16pipsから行う予定が、1.6pipsから行うと言うオチです。間違いに気づいてすぐに手仕舞いです。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    16日からの仕掛けのAUDCAD、NZDCAD、AUDUSDはサヤ取りだったのでしょうか?
    スタートが順張りだったと思います。
    その後の建て玉を見ていましたが、手仕舞いとなりました。

    終わった話しになりますが、もし解説などありましたらお願い出来ますでしょうか?

  2. いろりいろり より:

    ヤバイ・・・やっぱりそう見えてますよね。
    実はこれAUD/CADの16日の場帳を間違えた値を記入してしまい、それに準じて仕掛けてしまいました。それに気づいたのは昨日ですね。利益になっているはずなのに、まだ含み損で場帳を調べていって発覚です。
    枚数も少ないし、自由度はあるのでそのまま継続してもみ消すつもりでした。

    おそらくAUD/CADに関する他のサヤも狂った状態で仕掛けておりました。昨日の夕方ぐらいの値板でトータル利益になってたので手仕舞いしようと思いましたが、市場の波が緩やかで他に仕掛ける通貨ペアがないだろうなと思い放置にしました。

    今回の手仕舞いはあまり気にしないでください。ミスが多いと言う事の方が重要かな?こう言う時は「休み」を入れるかしてメンタルの安定化に努めたりしないといけません。「良い事」があっても「悪い事」があってもトレードに影響しちゃうんですよね。
    私の場合は一度ミスすると連続でミスするタイプなので本当に「休み」を入れた方が安全です。前も同じ事を言ったのですが、このアカウントだったかな?

    丁度、今全部手仕舞いしているし、明日も雨予報なので、EUR/USDのマニュアル検証を張り付いて行おうと思っています。
    多くの人が自動のバックテストを行い終了させますが、実践で行い研究しないと発想出来ないプログラムもありますからね。

  3. Evolution-FEvolution-F より:

    解説ありがとうございます。

    思わぬカタチで謎が解けました。
    『人間はミスをするものだ』という理解が馴染んできました。

    EURUSDの実践研究はハイスピードで難しそうです(* > <)⁾⁾

  4. いろりいろり より:

    ミスをしても良いのが、相場の世界です。ミスしないように努力するから分割と言うミス前提と思われる技法が出来ない。
    仕事はミスをしてはいけない。テストの正解は決まっていて一つしかない。このような環境で育った人には難しいでしょうね。

    本当は相場の勉強するならここからなんですよね。先に技法を覚えても使う人間が相場での考え方を間違っていれば得られる答えは決まっているようなものです。

    戦略プロバイダーのマネっ子はかなりキツイですね。1分足の監視なので席を外せれません。昨日はずっと保ち合いだったので、彼も全く仕掛けるポイントが無かったみたいで空振りって感じでした。今日も雨なので1日張り付いてやってあとは、よほど暇な時にやるって感じで行くと思います。