基礎の2分割

その前に、この記事の後に出ている「ユーザー投稿の記事」は、投稿者の希望により今回は閲覧制限をさせて頂いてます。
彼の記事に埋もれてこの記事がスルー出来ればいいかと思ってたんですけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うねりを見て、基礎の練習が出来そうな銘柄があれば、これからやっていこうかな?なんて考えてます。その為にひな形といいますが、グラフに落書きをする形になりますのであまりよろしくありませんが、A4用紙の使い捨て感覚のグラフを投稿していこうと思います。入っても半年ぐらいまでしか入らないので、全体的なうねりを見る事が困難な状態なので、参考までにと言った感じです。

3年ぐらい前になるんでしょうか?同じような形式でグラフを投稿してたら見にくいなんて言われた事がありますが、シンプルでいて最低限必要な項目を載せるとなるとこの書き方になってしまいます。

今回は、ただ2分割を行った銘柄の投稿です。何回か投稿して見て玉帳なんか改良できればやって行くつもりです。
そして、このグラフと場帳の一番の目的は、相場の知識を全く知らない人に資料作り及び勉強方法や仕掛け方や手仕舞い方の感覚を植え付ける事も目的としています。
おそらくやらせるのは、来年になると思います。相場に対する考え方はおそらく否定的なので、賃金を払いやってもらうつもりです。
そうすれば、「欲」と言う考え方が、「賃金」の方へ行くと思いますので、最初に感覚からスタートでき、最短で上達が望めるのではないか?なんてね。
なので、投稿する画像は、文字が違ってたりすると思います。今の所2人かな?

ホント、今の若い世代は大変だと思います。その人達が絶望しか考えられない未来にならないように、助ける事が出来ればいいかな?

本題に、入りますか。基礎の2分割はまずは、利益度外視です。とにかく2回に分けて「買え」です。「上がる」「下がる」なんて誰にも分らないんだから、そんな事考えず2回に分けて仕掛けるのです。
でも、ただ何となく2回にわけて適当に買えばいいと言う話ではありません。その為に「場帳」と「グラフ」を毎日書いていると思います。
毎日書く事で「感覚」が養われてきます。そしてその感覚で「上がりそう」「下がりそう」だから仕掛けるのです。「上がる」から「買う」のではありません。
「上がりそう」だからまずは、2回の内1回「買い」を入れてみようかな?です。
失敗したと思えば本来の半分の玉なので損失も少なく済みます。
縦と横の比率が一定のグラフを使えば「うねり」の感覚も養われてどれぐらいの期間で利益に持ってこれるかもわかります。そしてその期間に利益にならなければ「損切り」です。
「場帳」を書き「グラフ」を毎日描いていけば嫌でもこの感覚は身に付くし、2分割仕掛け一括手仕舞いのみを徹底しても充分利益に繋げる事も可能です。あとは、「場帳とグラフを描けば誰でも上達するんでしょ?」と言うやれば成果が現れると思わず身に付ける方向へと考え方を変えてください。みなさん、あまりにも資料が汚すぎます。上達を望むのであれば丁寧に作成出来るはずです。

7月2日の1分割目は、大きく下がった後の仕掛けになります。狙いは、1.352までの下げを分割で取ると言う感じです。
今回の場合だと、1.352まで下がらずに大きく動いて手仕舞いしております。単発だとどうなるのでしょうか?1.352まで待ってたのに下がらずそのまま上がった。
分割だと「上がりそう」と仕掛けて含み損が膨らんでいった2分割目までが全部利益になった。
ナンピンと言う巷で危険だと言われている技法。正しい考え方で行えばこれほど安全と言われる技法はありません。これは、戦略プロバイダーの彼の仕掛け方を見てもちゃんと実績として見る事が出来ますので証明はされていると思います。

まずは、テスト感覚でやってみました。スキャナーが別の部屋に置いてあるので取り込むの面倒なんですよね・・・・すぐに飽きそう・・・

何度言っても資料を作らないんであれば努力している姿を見せないといけないんでしょうね。でも、これは努力ではなく自然と行う普通の事なのです。
ごはん食べるのに箸を持つ努力をしますか?

コメント