NZD/USD200730

「備考」に2分割までと書いてありますので、2分割仕掛け一括手仕舞いです。まぁ、その前にミスして全決済させてしまいましたが・・・

2分割目を仕掛けた後でも、上がっています。ここで、失敗と判断して手仕舞うか、うねりから取れると判断できるのか、これは自分の経験や体験によって変わります。今回は、値動きが小さいから今のところいけると判断しています。あとは、自分の心理的な判断になってきます。ストレスになるのであれば手仕舞いすべきでしょう。
これは、建て玉数によっても変化してきます。
とにかく、心理的要因と言うのは少しでも条件が変わると簡単に変化してしまうのです。

相場は2度と同じ波は来ません。全く同じ状況と言うのはないのです。それに対してルールを決めてトレードするなんて出来ませんしトレードの回数分だけ心理的要因が変化してきます。
つまり、勉強しようが、研究しようが実践になにも結びつかない事を意味しています。
研究や勉強よりも実戦練習を何回も積み重ねルールと決めたトレードではなく、慣れと言うトレードがポイントになってきます。習うより慣れろ。
何千回と練習トレードを行うと同じ波はこなくても、似ている値動きを感じる事があると思います。
一般投資家だったら過去同じ動きをしたチャートを見つけたから同じ動きをするはずだ。満玉で仕掛けちゃえ。なんて事がおこるやもしれませんね。

似ている波があっても無理に意識せず、今現状の自分の感覚でリスク管理や建て玉を行って一連のトレードを終わらせてみてください。そしてから似た動きの時と検証してみたら、建て玉は違うしリスクに対するとらえ方も違うしそもそも同じ動きじゃなかったと感じると思います。

こういうのは実際に自分で体験すて経験してみるのが一番かと思います。周りが言っているから信じるのではなく、自分で経験し実体験から納得してみてください。その前に周りは嘘だらけだと認識しないとその実体験の事実もぼやけてしまうんでしょうけど・・・

一気に手仕舞いしたこともあり、小難しい事ばかり書いている気がします。
でも、実際のトレードはこんな事考えません。場帳を書き、グラフを描き、10秒程度考えてから仕掛けるなりノートレードとするなりのアクションを起こすだけです。
このように論理的に書いていっても私でもこんなの実際に考えて行うの無理だと思います。ボクシングの試合でも試合中に細かく分析していては相手にスキを与える事になりやられてしまいます。
何事も基礎の練習を繰り返し慣れた環境でトレードするのが一番かと思います。

コメント