値板201103-1

値板の前後で変な数字がありますが、わかる人にはわかると言った内容です。努力しているかしていないかの差が出る部分ですね。

さて、今回はかなり危険なトレードとなります。何が危険なのかは、見ての通り、1分割目だけしか入れてないのに大きな利益になっていると言う事です。
「あれ?調子がいいじゃん!このまま5枚入れて仕掛けた方が効率的に稼げるぞ!」なんて考えがよぎる・・・よぎればまだマシなのですが、ちょっとした「欲」で無意識に5枚でトレードなんて人もいたりもします。

このような1分割目で大きな枚数になったきっかけを思い出せば失敗からの処置のはずです。失敗の処置中に作り上げられたルールと言うのは全く無意味な所か危険極まりない事になります。

値動きの波に乗る為に細かな分割で行ってきたはずなのに、天井、底を狙う一発必中のトレーダーが完成し短命で終わる事となるでしょう。

こうならない為には、一番なのが「休み」を入れる事です。調子に乗りやすい場面になったと感じたら・・・少しでも「欲」と言う感情が出たと感じたら「休み」です。
今ならイケそうと感じる時に休むのですからかなりの精神力が必要ですね。甘やかされて育った人には到底無理でしょう。

戦略プロバイダーを見てもらっても何度も危険を掻い潜ってきて、さらに危険なトレードへと利益の為のリスクよりも、刺激の為のリスクを好むようになってきていると見ていてもわかると思います。

人間ですから失敗して当然です。失敗の処置に対して正し処置をした後にさらなるワナが控えている事をお忘れなく。

コメント