行動経済学見るだけノート

実践利用度:4 out of 5 stars (4 / 5)

普段本を読むのが苦手な方もいるかと思います。私も数年前まで全く本は読んでませんでした。そんな人が勉強の為本を読むと言う行為をするのはとてもツラく集中力も持続しません。

その人の為に一冊本を選んでみました。相場の世界では自分自身を理解する必要があります。昔はこのような名称がなかったのですが、今の研究で「行動経済学」と言うものを提唱され研究されています。自分の事は自分が一番理解していると思っている人が多いと思いますが、その思考は研究され名前まで付けられている現象だと言う事を知ってください。客観的に自分を見てくれている人の方が冷静にあなたを判断してくれているのです。

こちらは絵で解説されていますのでとても理解しやすいかと思います。行動経済学を学ぼうと分厚い文字だらけの本を読むより分かり易いと思います。
この本が相場にどう結び付けるのか考えながら読んで見てください。

普段本を読んでない人はまず5分でいいです。本を読んでください。それを毎日続けるのです。内容なんか最初は理解する必要はありません。文字を見てください。新聞なんか目移りするようなモノで活字になれてる人も本となると集中できない人もいます。とにかく毎日嫌々でも読む事をお勧めします。慣れると休日は一日中本を読んでた。なんて現象が起こるかもしれません。

コメント