片張り元帳

片張元帳改 3

書き方を少し変えます。トレード回数の定義の変更です。
成功率を入れてましたが、勝率への変更です。逆張りでの成功の定義の考え方は難しいと思いますので止めました。その代わり勝率にしています。

逆張り分割を主とする技法を用いていますので、一連の売買(仕掛け→玉の操作→手仕舞い)を一つの締めとします。つまり、先週から仕掛けてた一連の売買を今週に手仕舞いしたら今週の締め日で集計します。

ノートでは成功率は重要な資料になりますので、記入して行ってます。定期的に報告して成功率の悪さを出せれればいいかなと思っています。

コメント