片張り収支報告

片張元帳1201

成功率を勝率に書き換えました。私としては概念が全く違う考えをしています。
「試合に負けたけど勝負に勝った」とかそんな感じです。それを別々に資料として残し検証として利用して行きます。ここでは、勝率しか載せてません。純粋に勝った負けたと言う方が見ている方には分かり易いと思いました。
そう、見て分かり易い内容は実践では何も意味をなさないんですよね。チャートって見て分かり易いですよね。直観的にも「上がりそう」「下がりそう」と判断できるチャートは実践では全く役に立たない事を意味しています。
言っている意味が分からないと思いますが、あなたの資産の増減を見てもらえれば答えは出ています。いつまでもダメなやり方で努力をするのではなく、根幹部分から疑い調べ研究してみてはどうでしょうか?最初からクリックボタンを押せば市場に参加できるトレードの世界なので以外と「相場とは何ぞや?」と調べない人が多い気がします。

成功率とかのデータは常に取ってありますのでそれも含めてトレードの説明が出来る時に出して行こうと思います。

コメント