サヤ取り収支報告200913

ほとんどが、単発で終了となり、一部分割手仕舞いもあります。そのおかげで利益は少なめです。分割を重ねた時と単発で終わった時の得られる利益の差を認識してないといけません。
そうしないと単発が多い時期に入って利益が少ないからと建て玉数を増やし資金管理が通常と違う形になる恐れがありますからね。

トレード自体はかなり余裕を持って行っています。なので資金的にはかなり余裕が出てますが、まだ損切りを行ってませんので、今の資金が自分の思っている損切とのバランスに合っているのかの確認が出来てませんので、ただ余裕があるから建て玉数を増やすと言った事は出来ません。分割も3分割目ぐらい入れると資金管理を重視していく事にもなりますからね。

やり方も変わりましたので、安定感は無くなりました。多くの一般投資家が夢を見る「損小利大」狙いに一歩踏み込んだやり方になっていきます。基礎の練習方法のやり方は説明しておりますので、次のステップと思って自分が慣れてやれそうだと感じたら行って見るといいと思います。

一応、今年利10%になりました。年末までに20%行ければいいかな?と言った感じのゆっくりなトレードになっていくと思います。

こちらは、今「値板」のタイトルで投稿している売買報告書になります。
自分のトレードでの勝率は?得意な通貨ペアは?負ける事が多いトレード時間は?月末は勝てるのに月始めは勝てない。など、自分の今の状況を分析する必要な作業の一つです。

自分の得意な状況で勝負するのは戦術としても常識です。
売買報告書は毎週締める事により、今の状況と先週の状況を比較し、自分が正しいトレードを保てているのかと確認する重要な資料になります。
トレード回数を重ねていくとどうしてもクセが付いてきますし、調子が良いと浮かれて危険なトレードへと移る事もあります。
安定したトレードを求めるのでしたら、このような自分自身を客観的に分析できる資料を作るのがおススメです。

コメント