サヤ取り収支報告2011101

今週はマイナスとなりました。初めてかな?とくに毎週利益を出さなきゃなんて義務感もありませんのであまり気にしておりません。
今回のマイナスの原因は手仕舞いする通貨ペアを間違ってしまいサヤを崩してしまったのが原因です。

それぐらいでしたら普通に誰でも起こりうるミスですが、この失敗に対し、「欲」による強引な仕掛けを行い損失を膨らます結果となっている事です。
「失敗の処置に対し失敗した」と言う行動を行っているのです。これが相場の世界では致命傷で片張りなんかではこの時点でほぼアウトとなるような行動になります。
1日遅れで失敗に対し正しい処置を行いましたが、もし失敗と判断した時にすぐに正しい処置を行っていたのであれば、おそらく今保有中の含み損は含み益状態になっているのではないでしょうか?

失敗の処置に対し、新たに手数料やスプレッドと言う小さな損失が勿体ないと感じ処置せずより大きな損失になるなんて事はよく聞く話です。
小さな損失にこだわっていると値動き全体が見えなくなり小さな利益を積み重ねる小者のようなトレーダーになってしまいます。コツコツドカンの原因にもなりうる危険なトレーダーの完成と言うわけですね。

一般投資家ではなくある程度安定的に利益を積み重ね数年たった人の破綻するパターンがこのようなミスからのスタートとなります。「指標が!」「市場が!」が原因で負けたなんて言わなくなったギャンブル的考えを捨てた人の段階です。
頭の中によぎるほんのちょっとした「欲」が破綻へと結びつくのです。

これを見ている人のレベルはわかりませんが、次の段階へ行ったのでしたら決して忘れないでください。

年末でこのブログは閉鎖となりますので、最近ミスしてないのでたまにはいいのではないでしょうか?自称プロは勝った所ばかりの解説を偉そうに語りますが、真に重要なのは負けた時です。
マジでミスったり、ワザとミスったりと行いましたが、そのたびにちゃんと解説はしてきたつもりです。自称プロが逃げて黙るような所ですが、一番解説が必要な重要な場所です。

もし、来年誰かから学び成長を求めるのでしたら、このような事をちゃんと解説してくれる人を探してみてはいかがでしょう?

コメント