コメント

  1. いろりいろり より:

    「うねり」に対する考え方はいい感じに一般投資家と同じ考えになってますね。
    自然と論理的に考えてしまうのでこの様になってしまうのでしょう。一般投資家の間では「環境認識」と言うように言われて長い足と実際に自分のトレードする時間の足のチャートを2つ並べて長期的な動きを見ながら短期で利益を取ると言った手法があります。
    長期的には上げ相場で短期的には売り目線なので本日はノートレードなんて感じなのでしょう。

    端的に言うと『「うねり」を読む』<『波に乗る』
    が重要で、意識的に「うねり」を取ろうとすると最初は良いかもしれませんが、ある時を境に全く利益を上げる事が出来なくなります。

    「環境認識」が大事だと言って言いて勝てない一般投資家が存在している時点でそれは証明されています。
    論理的には凄く合理的なやり方ではありますが、そこに感覚論はなく、慣れてくるにしたがい論理的な解釈でしかトレードする事が出来なくなります。
    「嫌な予感」がしても「論理的には正しい」とトレードとしての優先順位が逆転してしまいます。
    これは意識的に気を付けていてもやらかします。それだけ人間は意志の弱い生き物なのです。

    なので、うねりの周期なんかは無視して大丈夫です。
    「うねり」は先物や株のアノマリーから生まれた言葉でファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でもない自然流れで発生する一定の周期の発生する波の事です。株では60日周期で発生する波で仕掛ける事が安全に利益を増やせるやり方だと言われています。
    しかし、FXはまた別のモノで「うねり取り」と言う事が出来ません。一見奇麗なうねりを見せていてもそれは一時的なモノにすぎずすぐにバランスは崩壊します。
    FXでうねりの周期を意識すると機関投資家の餌食になりますよ。

    まずは、毎日サヤ帳とグラフを付けていると思います。
    付けたあとは「ボ~ッ」と眺めてください。そして「サヤ取り」の場合、目的地が決まっています。
    おそらく、今は「そこに行く」事を意識して見ていると思いますが、この意識を無くす様にしてください。
    大事なのが毎日サヤ帳とグラフを記入して行く事で、サヤ値が大きく動いた時に自分の意識や感覚が普段記入と違う時があるはずです。その時に「チャンスだ」と思うか「しまった」と思うのか、そして予測ではない、「上がりそう」「下がりそう」とどちらに無意識的な感覚が発生するのか、その感覚が市場の波とマッチしているのかなんてやってみてください。

    サヤ取りの波は、今複雑な動きをしていますので、自分の思惑と違う動きをしていると思います。逆に言うと短期集中で一気に上達をするチャンスでもあります。誰にも予測させないこの動きで予測するのは不可能だと論理的に悟ってみてください。

  2. Evolution-FEvolution-F より:

    コメントありがとうございます。

    知らず知らずのうち、論理的に考えてますね。
    『環境認識』って言葉自体は忘れていましたが、呪いのようにそのレンズを通して見てしまってます。
    今回その事に気付けたので、正しい学習が出来るよう、排除していきます。

    サヤ検証などでも思惑と違う動きが感じられました。
    EA/EUやGA/GUでは、予測は出来ないと思っていても、過去の値が思考に入ってしまい、感覚の邪魔をする。
    UJ/CJでは、頭で理解しようとしてしまい、トリッキーな値動きにしか見えない。
    そんなところでした。

    しばらく混乱しそうですが、資料の眺め方や、自分の意識や感覚への考察を深めていきます。

  3. いろりいろり より:

    トリッキーな動きと言うのは正解ですね。過去10年以上のグラフなんか描いてみるとそれはハッキリわかる内容となります。
    AC/NCなんかは、今はすごく安定しているサヤだと認識していると思いますが、過去は乱高下のする動きをする通貨ペアでした。

    やって欲しいのはまずは、徹底的に予測をする事を止める事です。予測をすると自信が表れ、強気なトレードとなり、一定のうねりの誘惑にかられて下がりそうだと多くの建て玉を入れて今回のドル円みたいな事になります。たった100pips上がっただけで破綻者は多く出ています。

    単純に考えれば500pipsほど一夜に動いても耐えれる資金管理なんかしてればいいのですが、予測をして波に乗っていると勘違いが始まると資金管理も疎かになってしまいます。

    まぁ、負ける人の心理なんて決まってます。「欲」「天狗」「自信」とこの様な感情が強くなると冷静な判断力を失い、毎週付けてた元帳も疎かになりと、どんどん普段のトレードスタイルから外れていきます。これが無意識でゆっくりと気付かないうちになりますのでたちが悪い。

    今は技術の上達も重要ですが、心技一体として技術と共に相場師として身に付けないといけない心理も必要だと思います。
    負ける人は100%心理が原因と言ってもいいぐらいですからね。

  4. Evolution-FEvolution-F より:

    予測などは、心理に悪影響を及ぼすものですね。
    自分が予測に繋がる思考になってないか、いつも気を付けるよう心掛けます。

    バランス良く成長上達が出来るように、相場師としての心理面をきちんと身に付ける事、またそれを意識した行動を取って行こうと思います。

    ありがとうございます。