コメント

  1. いろりいろり より:

    今週はこの記事を見てサヤ取りの収支報告を作ってない事に気づいてしまいました・・・
    サヤの損切り、今週は含み損益を全く見ずにとにかく手仕舞いの一択の逃げです。

    さて、これでこの通貨ペアのルールは崩壊しましたね。ここからは完全裁量の世界となりました。自分の感情、そして技術力が重要となってまいりました。
    仕掛けるタイミングや建て玉数を自分でコントロールしてみるのはどうでしょうか?
    サヤ値やグラフを描いて半年ぐらい経っているのであれば、自分で行ってみる時期かと思います。
    私の方も、サヤ取りの投稿はそのまま行う予定ですので、一つの参考として、仕掛けるタイミングを1日ずらしたり、建て玉数を増やしたりして少しずつ自己流を確立してみるのもいいかと思います。

    損失の手仕舞いは、私は失敗と定義しています。
    これは人によりけりです。自分の為の資料ですからね。もの凄く上手く損切り出来たなら「成功」なんてすると、損切りに抵抗を持っている人は割かし簡単に損切り出来るようになるかもしれません。これも自分の感情と相談して決めるのがいいかと思います。

    でも、今回は凄くいいタイミングかと思います。サヤ取りを学び初めすぐにこのような貴重な実体験を得てますからね。
    ほとんどの人が、図に乗って来て無謀なトレードをし始めて起こり破綻するのがセオリーな現象を得てますから一歩間違えたら破綻だと感じれたかと思います。

    • Evolution-FEvolution-F より:

      コメントありがとうございます。

      仰るように去年の7月からサヤ値とグラフをリアルタイムに描いてきましたので、ここからは仕掛けのタイミングや建て玉数、自分でコントロールしてみます。
      同じ仕掛けになる事もあるかと思いますが、より一層自分の感情と向き合う事になりそうです。