Evolution-Fの収支報告!(Copy編)

トレード対象の通貨ペアの動きが鈍ってきています。

 

では、1週間の締めです。

今週は極端にトレード回数が減りました。

2回の仕掛けを行い、年率は1.1%の増加です。

利益が増えてくれないと目的を果たせないので困りますが、レンジが縮小している中でプロバイダーの義務かのように節操無くトレードされるよりは増しかと考えています。

真ん中辺りでだけひっそり仕掛け、危険な場所を避けているように思います。

 

水曜の仕掛けは慎重になり、タイミングを少し遅らせていたのでしょうか?

 

あと、金曜に終値の出る時間帯に掛かるトレードがありましたが、今回は大丈夫そうに見えましたので、止めずにおきました。

彼のトレード戦略を考えたら、今週は7回ぐらい仕掛けるヶ所はありましたが、「休み」でも入れてたと考えるのが自然かもしれませんね。

水曜日は、1.18000がありますので、遅らせると言うかそこが、0分割目になりますので、適度なヶ所のような気がします。
キリの良い数字って言うのがこれもクセがあり一般投資家が「指値」注文をする場所でもあり、また手仕舞いするヶ所でもあります。ここで説明すると長くなりますので、またどこかで・・・

もし休みを入れてくれてたなら、そういう戦略プロバイダー像がきちんとあるのを見られて良いかと思います。

 

そういえば過去に、キリのよい数字やゾロ目等が意識されて反応するって、気にしてトレードしてた事を思い出しました。

今週は利益は少なくなってます。また逆に損失になる時もあります。つまり、毎回安定した利益を得られると言うわけではありません。労働者は毎月安定した利益を求めてしまいます。

その性格をトレードに反映させてノルマを課したりしてしまいます。居ればお金がもらえる世界とは違い、完全に実力の世界です。自分の好みのタイミングを無視しノルマの為にトレードを行う事は破綻を意味している事と同じです。
不得意な場所での仕掛けを行っても狩られるのがオチですからね。

毎月決まった金額の利益が得られない不安というのは大きいと思います。なので労働者時代にある程度まとまった金額を貯める必要があります。
そして、この元帳を作っていく事によってこちらの世界での利益の出し方を感覚として受け入れていくのです。

労働者であれば毎月給料というカタチで安定した対価が支払われますが、こちらの世界での年間を通してトータル利益にもっていくって認識を、経験を通じて身に付けていきたいです。

別のコピー口座元帳です。

 

単利で回し、しらっと元本確保しておきたいって考えていましたが、掲載早々からマイナス収支でした。

水曜には年率12%を超えていましたが、リスクを考えると内容的に未確定損益と同じですね。

増えれば資金獲得、減る時は研究材料とし勉強し、損失以上のモノを得るために活かしていく。

まずは勉強スタートでした。

もちろん想定外でしたが。

 

口座に入れた資金を使って他人によってトレードされ、自分の意志とは無関係にその資金が危険に晒されるのを見ることが出来ます。

もちろんコピーなどせずに状況だけ眺める事も可能ですが、感情に響き、感覚として受ける度合いがまるで違いました。

自分の建玉で必要証拠金と含み損に追い詰められた状態になり、さらなる逆行しか無いような状況で、どのような心理状態になり、どんな行動をするのか!

リアルに体験出来ました。

そして自分自身が受ける感情も。

 

 

来週彼がコピー利用出来る状態のトレードをしてくれるか、一気に破綻路線へ向かうのか。

あれ?もしかして、①番のトレードの資金を振り出してそれを運用資金に使ってなかったのですか?

私としてはもう二度と入金はさせるつもりはなかったので、想定外になってしまいました。

そうだった・・・労働者はお金は使うモノだと言う考え方なのを忘れていました。投資家はお金は労働者です。今だと70万円ほどお金に働いて増やしています。そのお金を利用しないで自分の手持ちから使うと言う行為がちょっと・・・って考えてしまいますが、これは個人の考え方に差が出る部分ですからあまり言わない方がいいのかな?

 

単利で回してたんですね。私より損失率が少ないので何でだろう?と思ってました。私は複利でさらに木曜日の損失分を丸々入金してますのでさらなる損失の拡大につながり、自分でやった方がマシだったと思ってたりしております。

今の所、彼のコピーは2日ぐらい様子見で停止しようかな?なんて思ってます。トレード内容もかなりの神経質のA型って感じのトレードですからね。このまま崩れる可能性もあります。

彼を監視するにあたり、必ず気にならない範囲で行ってください。気になって寝つきが悪いなんてなったら、最小投資金額は少なく設定されてますので、失っても痛くない金額まで資金を減らしコピーをするなど対応してください。

心理面の感情の受け入れを考えながら、でも気にならない範囲でのコピーと繊細な状況を求められる難しい局面です。お金の価値観は個人差のある部分なので難しいと思いますが、じっくり考えて行動してください。

そうですね、お金に働いてもらう感覚が必要でした。

 

①の戦略はリスク管理の為に毎朝止めて報酬支払いが派生していましたので、ここの投入資金はそれ以上に減らしたくないと考えていました。

 

サイフから持ち出したお金だと、感情が揺さぶられて判断に悪影響が起こったり、今後感覚がおかしくなっていくと判断したので、他で得ていた利益を充てましたが、この一連の投資として①から出して充てるほうが良かったですね。

 

手持ちの資金をどう工夫して増やしていくか?ってもっと思考を巡らし勉強出来るポイントでした。

 

 

単利で回そうって思ってたのは週ごとなので、まだ振出は出来ていなかったです。

取り引き開始のタイミングを有利な所で行えましたので、その分だけ利益が大木かったんだと思います。

トータル損失のタイミングでコピー停止しましたので、支払い報酬が管理手数料のみになりました。

利益の度に毎日出金した場合に支払っていたであろう運用報酬の一部(数十円単位の細かい金額ですが)を支払っていませんので、結果的には日々で単利で行ったより損益は若干プラス側になったと思います。

 

資金量の事、自分の力量と向き合いながら考えていきます。

コメント