Evolution-Fの収支報告!

今週からは自分のトレードの収支報告を行います。

まずは帳簿からです。

 

スターと早々ですが、すぐにうまくはいきませんでした。

 

ほとんどが単発での失敗、CJ/AJが月曜からの仕掛けで1度だけ分割になりましたが、いい感じとは言えません。

2分割目を入れる時に少し悩みましたので、以前記事中でお話しされた「損切り用の玉」をいれました。

そんな練習を出来た事は、成功と言えるように思えます。

 

あとから思えば、土曜から少し気にしていた通貨ペアでしたので、その引き摺りから月曜の1分割目を少し半端な上げで入れてしまったのが始まりだと思いました。

 

値動きの傾向から今どの位置にいるのか、うねりを感じながら、今週はそのうねりからの乖離を見て仕掛けるポイントとしてきましたが、なかなか1分割目までの戻りを狙うトレードは実現しませんでした。

金曜に行ったAJ/NJの仕掛けは、少しタイミングを早めてみましたが、翌日動かないなかで微益になりましたので、あきらめて手仕舞いました。

「金曜に手仕舞いとなったペアは、まだ乖離から戻る方向にあるので、新たな仕掛けに大して危険との判断をした」という値板での記事を読みました。

頭では理解!?しましたが、こういった事も感覚的に身に付けていきたいです。

実践となりましたね。
まずは、予測は不可能だと言う事を徹底的に頭の中に入れる様に努力してください。利益が出ても「失敗」と認識する事で抑止力になると思います。

当たり続けたり利益が出続けるとどうしても傲慢になり、神にでもなったつもりで強引なポジション数でトレードしたりと少しずつ少しずつヤバイ方向に向かって行ってしまうのは現実的に見れていると思います。彼らの二の舞にならない様に謙虚に欲張らないトレードを心がけてください。

実践に入ってきましたので、これからは自己責任、自分の感覚が最優先となるトレードを行わないといけません。私の考えよりそちらを優先です。
「気持ち悪いな・・・」なんて思ったらそれに対する適切な処置を行っていってください。
なので特に仕掛けに対してコメントする事は特にありませんね。あるとすれば、同じ通貨ペアの似た動きをする銘柄に関して2つあれば1つだけに絞るとか行わないと乖離する方向に向かった場合、資金的に厳しくなる恐れがあります。

今回の場合だと、CJ/NJとCJ/AJのサヤの動きは似てますよね。
CJ/AJは20日に仕掛けが入ってどうすることも出来ないので、CJ/NJの仕掛けを見送るなどリスク管理を行ってみるのもいいかと思います。
まずは、今の運転資金でどれぐらいの玉を入れる事が出来るのか?また、他の銘柄で仕掛けるタイミングが来た時にどれだけの資金的余力(チャンスが来た時に動けれるか)を残し繋げる事が出来るのかなんてのも考えてみるのもいいと思います。

似た動きをするペアの事を考えていました。

 

どちらも仕掛けのポイント付近と感じ、それぞれ値動きの少しの違いで受ける感覚が違えば、仕掛けや手仕舞いのポイントに変化が出て、タイミングも取り方も違うトレードとして成るのか?

複数ペアでほぼ同じうねりを感じ、同じタイミングで仕掛けだと感じた時、どれか選ぶなら、現状で自分の仕掛けに適していると感じるのはだれか?、その理由は?

そんな感じの疑問でした。

 

似た動きの中で一日ずれて仕掛けを感じたものが、CJ/NJとCJ/AJでした。

が、手仕舞いになった日は同じとなりました。

考えの大元をたどっていけば、効率よく利益を得るには?という方向へと向かってしまう場合も考えられます。

受ける感覚を大事にしてトレード判断や、失敗や処置の判断を行うという考えでいるのですが、資金的余力などについての戦略を考えて行動する部分も身に付けていけるよう、意識的に行って行きたいです。

 

予測不能である事、自分への抑止力を持ち続ける事がいかに難しい事か、忘れてしまう事は起こるでしょうし、気付かぬうちに少しずつ変化してしまうというマズい状況もあり得ます。

毎週末の締めをどんな目的で行うのかが、ここでも重要になってきますね。

帳簿への記入で、勝ち負けや損益は、片張りや裁量へのステップを考えて、分割毎のカウントにしました。

結果、今回は負けが無いという状況になってしまいました。

だた、今回ポジション毎に、鞘取りの中身を見てみましても損失トレードが少なく、内容のわりに利益が大きくなってしまいました。

 

分割を使い、感情を確認しながら、市場の波に乗る為にタイミングや建玉の調整を試していこうと思っています。

 

それから、戦略プロバイダーとしても公開しています。

20万円を単利運用で行うトレードなのですが、コピー者として運用している口座の資金調整を行った際に抜いた金額が、このトレード口座に入ったまま2日くらい気付かずにいました。 コピー者が居ませんでしたので、即出金いました、

コピー者が居たら、怒りのメールが飛んできたかもしれません。

今週もなんらかの失敗をしています。

 

それから、今後の資金管理に使う予定の追加口座が出来上がっています。

cTraderのCopy機能が使えましたら。「Let`s go to the market !」という戦略として、このトレードを提供しています。

運用報酬20%、最低資金20万円で利用可能をなっています。

マイペースな戦略ですが、興味がございましたら見て行ってください。

コピー運用している口座については放置になる時間が長くなりますので。リターンを得るために最悪失っても・・と思える金額で行う事がしっくり来ています。

「次回からこれで」っておもったのも束の間、3分割目以降は8枚となりました。

リスクが増えた分の資金調整お行い対処しましたが、常に時間は経過しているので、状況に合わせた対処をとっていかければと、学びました。

一般的には多くの資金を集めて戦略提供する超ベテラントレーダー?と思われがちかと思うのですが、人間である以上は感情に強い影響を受けてしまい、手を誤り、それにも気付けず。

さらに戦略プロバイダー等を行うことにより、尚の事それに晒されていくのですね。

しかし、これもリスクを取ってリターンを得るという理にかなっています。

金銭的なリスクの大半はコピー者へ・・となりますが。

サヤの玉帳なんておそらくちゃんとしたトレード知識を持ってない人が見るとチンプンカンプンでしょうね。
おそらく見るのも嫌がり理解しようとはしないはずです。ただ「凄い」「マネできない」で終了です。ここに利益の積み重ねがあり、相場師と呼ばれる者が当然の作業として作っている資料でもです。
必要最低限以前に、ないとトレードすら出来ない資料なのにです。

トレードの世界はゼロサムゲームです。奪うか奪われるかの世界です。数億ドルの資金を動かす機関投資家なんかと戦おうとしても現状私たちに勝ち目はありません。ちゃんとお金を奪うターゲットを見誤らないようにし、そして自分より下の者を多くなるよう自分自身、トレードの質を高めなければなりません。

トレードの行い方狙い方は無数にあると思うのですが、実践練習を行いながらその元になる考え方を養っていく事が、自分より下の者を多くなるよう。自分自身トレードの質を高めるのに繋がっていくかと考えました。

コメント