Evolution-Fの収支報告!

開始から3週間が経過しました。

今週も元帳、玉帳を掲載します。

Copy運用口座についてはメインの取引しか行っておらず、収支がありませんでしたので、今週の掲載はありません。

今週はいくつか手仕舞いがあったので、先週よりは収支の動きもありました。

 

3日に1週間ほど保有していたNC/NJが手仕舞いになりました。

こちらは順調にうねりを見せてくれ、1分割目までの戻りとなったので、全決済としています。

 

同じく3日に手仕舞いしましたAC/NCは、先週に失敗となっていましたが、今週改めて感じた判断を行おうと考えていました。

結局、分割を入れられてないままで建値まで戻ってしまいましたし、このまま利益方向に動いても自分絵の影響にメリットが感じられず、また逆行する場合でも、もともと感じていたうねりでは無いので、改めて仕掛けていけば良いだろうと思いましたので、手仕舞いをしました。

サヤ取りなので戦略的に持っておく事も考えにはありますが、今回はこのような処置にしました。

 

続いては3日に新たに仕掛けたAN/ACは、仕掛けた時のANの枚数ミスに気づき、すぐに処置をしています。

が、手仕舞いしたタイミングが悪く、利益になってしまった事が嫌な感じで

す。

 

そしてその仕掛けと6日に行ったAU/NUとCJ/AJが、それぞれ翌日に反転してしまったので、失敗となりました。

 

おおまかに5つのトレードが手仕舞いとなり、1っ回が成功、4回が失敗、その失敗のうちの1回が一応損切り手仕舞いになったので、少し成果になったかなという感覚です。

あと、表現が難しいのですが、勝率100%から外れる事が出来たの事で、変な居心地の悪さから抜け出せました。

 

なんとか分割に持っていきたいと思っていたりするのですが、自分の感じるうねりの感覚と、発生する値動きから仕掛けたいと感じるタイミング、まあなかなか難しいです。

機会を見ながら、感情とタイミングが合えば細かい調整なども試してみようかという考えも持っています。

 

未決済としては、育て中のUJ/CJと、本日仕掛けたAJ/AUがあります。

AJ/AUは、「正常値からの距離を見ながら」という所を意識してみようという目的で仕掛けてみました。

UJ/CJなど全体のバランスを見ながら、また来週のトレードを行って行きます。

資料に関しての確認です。
資料は要、不要と自分にとって必要なモノなのかどうなのか選別し利用する必要があります。
今は見せる為の資料作りをしているのであれば、私と同じ失敗をする可能性があります。

他人を気遣い自分のトレードスタイルから外れる行為を行う。これはダメですからね。

例えば、一つ一つの一連のトレードに対し、勝率なんか書いていますが、これはいつ書いているのか?私にはわかりませんが、一連のトレードが終わってすぐ作り上げてる。週末に作っている。元帳を作るにあたり手抜きがしたいから書いている。なんて、たったこの勝率に対しても様々なパターンが存在します。

怖いのは、元帳を作るにあたりすぐに勝率がわかる為に行っているって事ですね。
元帳は作ろうと思えば2~3分で出来てしまうシロモノです。でも本来の目的は一週間分のトレードの検証と反省、そして来週へ向けての目標の設定です。

目的は元帳を作る事ではありません。時間をかけてゆっくり作成していかねばなりません。
まぁ、過去のトレードに対し研究と言う形をとると逆効果になりますので、眺める程度なのが良いんですけどね。

 

今は、理解し守っているとは思いますが、長い年月が経ってくると「手抜き」に目覚めやってはいけない手抜きにまで手を出す可能性がありますので、注意してください。注意も何も無意識に軽い気持ちでやっちゃうんですけどね。犯行理由みたいになっちゃいますけど、実際犯罪が無くならない理由でもあり自分自身いつ犯すかわからない現象です。

資料を作成する行為も、数を傘ねる事で慣れが出てきていました。

意識すれば気付けるような事に、見落としが生まれており、反省です。

 

玉帳は一連のトレードを終えたその日のうちに作成するようにしており、自分がどんな感情でそれを行ってきたのか、今の感覚が異常では無いかを確認する目的で行っています。

集計等で元帳作成を手抜きする意図は無かったですが、玉帳作成後、投稿用にもExcel入力していますので、少なくともその段階は玉帳投稿を意識した目的作業になっています。

このまま慣れから、無意識に効率化優先がすすんでしまう事は十分考えられます。

 

週末あまり時間が取れないような場合でも、土曜のうちに元帳を完成させる事を目的にしてしまい、その後に改めて振り返りを行っている時もありました。

これも効率を求めた行動に繋がっていき、一週間分のトレードの検証と反省、来週に向けての目標設定、それが徐々におろそかになっていくパターンですね。

 

今のところ日曜月曜がトレード休みのスタイルなので、必ず土曜に投稿を済ませよう等と決めてしまう事は無いかもしれません。

焦って本来の目的を見失わないように、気持ちに余裕を持てる考え方や行動を心掛けてみます。

 

間違いを起こしている可能性が常にある事を認識し、自分を見つめなおす為に重要な役割を果たせる資料、拠り所に出来る資料作りと、扱い方を考えていきます。

投資は孤独との闘いとなります。本来であれば自分で体験し経験し身に付けて体に染み込ませていかないといけない作業となります。
本来、私が発言してはいけない内容となります。

それを知らないと今度は仲間を欲し始めます。同じ技法で似たやり方の人を探し、お互いアドバイスしながら共に成長していこうと考えたりしてきます。
これがまた悪手で、一見よさそうな事だと思うかもしれませんが、数少ない同じ技法仲間である為、ミスしてもお互い傷のなめ合い状態になり、「今回のは仕方ないよね。」なんて甘い発言をしてしまいます。

投資は孤独の世界。自分一人で戦う世界だと言う事を決して忘れてはなりません。

資料の投稿に関しても、自分の都合に合わせて出来る範囲と切り替えてみるのもいいかもしれません。私が今回元帳の投稿が遅かったように、誰かに縛られずやれる範囲でです。
でも、やらなきゃいけない事はやらないといけませんけどね。おそらくこれから5年10年と経つにつれて生活環境も変わっていきます。その変化の中で資料を作成するタイミングも変わって来ると思います。
長く年数が経つにつれてトレードにかかわる時間は逆に短くなってきます。生活費をトレードで養い出すほど短くなるのです。

今は資料作成をする為の時間を作っていると思いますが、将来はプライベートに影響のない範囲で使える時間帯を探しその時間に資料作成に充てる。と言う事になってきます。
客観的、また一般投資家の考え方とは真逆の考え方ですね。
負けるモノは必死に長い時間努力をし、勝てるモノは短い時間でその処理を終える。

「およそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。」

 

この状態の出来上がりです。

 

人にもよりますが、早ければ3年~5年トレードスタイルを崩さずに続けていれば、気づくと言う考えより体得していると言う事になっていると思います。早く早く成長を望めば基礎となる地盤はひ弱な形で形成されある時を境に崩壊してしまいます。ゆっくり時間をかけて強固な地盤作りを行う事を心がけてください。

将来的な時間の使い方については、これから向かう方向と、トレードとの向き合い方に直結する特に重要なポイントと捉え、決して忘れないようにします。

勝てるモノとして続けていかなければなりません。

 

トレードスタイルを崩さない事、努力の方向が間違ってないか見直す事、自分のペースを守る事、直近の目標です。

 

ctrader のcopy 機能を使えましたら、「Let’s go to the market!」の戦略名で検索してみてください。

売買履歴から、現在のポジションなど全て閲覧可能な状態となっています。

コメント