このブログでの技法

いつも話が脱線するという・・・
私の技法の説明になります。どのような考えでトレードをしているのかの参考になればと思いますが現実は全く予知不可能なトレードをしていると思います。自分オリジナルの技法が一番信用できる技法なのです。

逆張り分割

いつも私の投稿記事を見てくれてましたら、よく聞く言葉になってると思います。技法は徹底的に「逆張り分割」です。片張りでれ両張りであれ、つなぎであれ順張りであれ、仕掛ける時は「逆張り」です。

「両張り」で逆張り?「順張り」で逆張り?と「??」と思うかもしれませんが、徹底的に逆張りとなります。それを「分割」で仕掛けます。

これは、トレードの経験の浅い時に自分の予想と逆を行って、追い込まれた時に一度は自然と行った事があると思います。そう、既に一度、正しい道を見つけてたのです。でも、世間が「逆張り分割」を否定してますので、この技法が実は危険なやり方ではないのか?と思い敬遠してしまうのです。
ここで、「相場の本質」である、勝者は1割以下と言う言葉を理解していれば大多数が否定しているのですから「もしかすると有効な技法なのでは?」なんてのも考えられたのかもしれません。
そしてそれを徹底的に、玉の増減から資金管理に至るまで研究し、実際に練習として最小ロットで実践を3ヶ月、半年と損得関係なくトレードしてみて、そこで自分はそれをどう感じ取ったのかまで考える必要があったのです。
相場と言う「実力の世界」では、他人の発言を信じる者はほとんどが生き残れません。自分で実感し答えを導き出す必要があるのです。

根本的に「相場って何?」って勉強せずに実践し周りに聞いて信じちゃったのがいけないのですけどね。

難易度

では、「逆張り分割」がどの程度の難しさかというと、「順張り」「つなぎ」「逆張り」の中では一番簡単な技法になります。これは、「分割」を入れる事で可能になりますので誤解のないように。

当然、否定派は出ると思います。例えば、「順張り」一見トレンドフォローに乗るこの技法。楽にエントリーもできて簡単そうに思えますよね。波に乗れば保有ポジションも利益になり「ウキウキワクワク」です。しかし、大原則である「安く買って、高く売る」を否定しています。ほとんどの人はこの「安く買って、高く売る」商人でなくても誰でも知っている利益の出し方をトレードにおいて行いません。「刺激」が欲しい「心理的に早く楽になりたい」とこちらが優先になっています。知っていてできない、わかっているけどやれない。これが出来るようになるのが優先事項です。
一度、ゆっくり真剣に考えてみてください。
何故知っていて出来ないのか、「安く買って、高く売る」と言う常識的な事をなぜトレードに反映させれないのか、自分との対話を行うのです。
そして、「安く買って、高く売るぞ」と決めいつも通りチャートを見てエントリーポイントを探してください。気づいたら順張りで買ってますから。

残念ですが、こうなると末期です。「刷り込み」は完了し、他のプロトレーダーの養分の為の教育は完成してしまってます。書籍、セミナー、サロンがあなたを勝たせるモノだと思いますか?偉そうにプロを語る人が何故技法の説明なんかしているのか真剣に考えた事あります?
「私にこのような知識を与えて、彼らに何の得になるのか?」など・・・答えは簡単です。「彼らの利益になるからです」
負けさせるのは簡単です。「高く買わせ、安く売らせる」をさせればいいのですから。
最近のコメントでは、「損切り幅を広げれば勝てるようになりましたよ」なんて言う輩もいますね。考えれば簡単な答えです。「ちまちま損切りせずに、もっとデカイ金額で損切りしろよ」と言ってますよね。
こんな事書けば凄く非難をされそうですが、実力社会の騙し騙されの世界です。何が正しいのか必ず自分で理解してください。ちなみにその人はプロではなく本を売る為、証券会社と提携しアナリストとして報酬をもらう「あなた達に相場をやらして負けさせる」人です。

「末期」

かなり気になる事を書いてしまったと思われますので、簡単に・・・本当は簡単に書けないかなりマズイ状況だと思います。実際はかなり焦って欲しい部分です。

「気づいたら順張りで買っている」これは「やっちゃダメだ」とわかってても何度もやってしまう人ほどマズイです。
はっきり言うと「相場から手を引いてください」としか言えません。もう、あなたは二度と勝ち続ける事は出来ないと・・・・間違った方向から相場を経験した者で生き残れるのは0.2%もいないのではないかと思います。「1割は勝てるんだ。10人に1人勝てるなら私も入れるのでは?」これは正しい道から入った人を言います。ハッキリ言うと知識の全くないど素人より実力が下なのです。

ではここからどうしたら復活出来るのかです。まずは今まで得て必死に勉強してきた知識を全て捨てる必要があります。捨てるのにかかる期間は、相場の経験年数です。相場歴10年負け続けてたら、その今までの知識を捨てるのに10年かかるのです。そこからがゼロなのでやっと本当の相場の勉強をするのです。ここからさらに5年~10年かけ正しい知識を入れつつプロを目指すわけですから半端ない期間が必要になります。
「勝ち続ける事ができない」でも絶対にプロになってやる。と考えていましたら、即、勉強するのを止めてください。これが長いですが、最短のプロへの道になります。

簡単に書きました。おそらく一つのタイトルとして書く必要のある部分だと思いますので簡単にです。もし、興味がありましたらコメントでもください。必要であれば記事を作ると思います。

資金管理

技法ややり方を見ても目に見えない部分の一つに資金管理があります。実際は保有ポジションの損益と言う目に見える形にはなっていますが、こと「分割」に関しては玉を増減させる必要があり、玉を入れる時に資金への考え方が重要になります。
「本日、2分割目で売りを0.3枚入れました。」
ここには必ず資金管理が入っています。損益分岐点の価格がどのように変わり、建て玉数が何枚になったので、それに対する資金は大丈夫なのか?また、さらなる分割を入れる時に体力はあるのか、などなどめちゃくちゃ考えます。技法より重要だと思ってます。

資金管理をしっかりする事で技法にもメンタルにも余裕が出ます。安全圏内でのトレードほど強いモノはありませんからね。資金管理はその人のトレードスタイルによって様々です。
でも、基本的には、その人の決めたトレードに対する資金量の3倍の資金的余裕をみてトレードするのが良いとされています。100万円で今運用しているのであれば300万円の余裕を持ったトレードがお勧めと言う事です。3倍の資金を用意できなければ普通にLot数を下げればいけますしね。

これは、「逆張り」「つなぎ」「順張り」と一つの技法に対して一つの事になります。つまり、「私は逆張りも順張りもする」と言う人は、600万円の余裕資金がいると言う事です。これだけのリスク管理をしプロはトレードをしているものなのです。「年利300%」凄いと思いますか?ここで、「そんな危険なリスク管理をして長くもたないだろうな」と思えるようにしてください。

メンタル

そして目見えないあと一つのメンタルです。重要度は
技法<資金管理<メンタル
比率で言うと、0:2:8 ぐらいでしょうか?
技法「0?」と思われますが、それぐらいどうでもいいのが技法です。
技法に関しては、常識の範囲内で既にあなた達は持っているのです。それをアレンジや違った方向へと結びつけ、メンタルの勉強もせずに技法にこだわった結果が勝てないトレーダーと言うわけです。最初に初めてトレードした時どうでしたでしょうか?勝ちました?「ビギナーズラック」で勝てた人は多いのではないでしょうか?実はもうこの時点で技法は完成していたのです。「質」を高めようと書籍や、間違った知識を入れてしまったばかりに勝てなくなってしまったのです。
もし全く知識がない時は自然と分割もやっているのではないでしょうか?

本当でしたらこの時点で技法への興味を捨て、その時の精神状態の研究をし、資金がいくらあり、分割数や建て玉数の増減での資金管理を研究しその時にまた精神状態がどのような状態なのか、「興奮状態」「恐怖状態」の中でトレードした時の勝率やトレード後の冷静になった時の検証等をひたすら行っていたら、おそらくあなたは挫折知らずのプロトレーダーとなっていたと思います。

一番重要なのはこの誰も画像として投稿してくれない人により見解や考え方が異なるこのメンタルです。トレードを機械的に行っていると思っても最終決定はメンタルで行っているはずです。ルールで仕掛けるタイミングがでても「本当に上がるの?」もう少し待ってみて・・・「買う場所だけど少し押し目になってから買った方が利益になるから待ってみようかな?」と揺さぶられる経験はあると思います。
このような状態を全て冷静に捉え勉強し成長しないといけません。

これもほとんどの人がわかっている。理解している。でもやれない部分となってると思います。

三位一体

最後に、この「技法」「資金管理」「メンタル」を合わせた「三位一体」が相場では不可欠と言われています。
技法に関してはあなたが何の知識もなく一番最初に自然と行ったトレードです。これが本来あなたが行うべき技法です。そこから「資金管理」と「メンタル」を融合させた考え方を行い自分独自のオリジナルの技法を作り上げていかねばなりません。
このオリジナルの技法が「みんながやっている技法」つまり、9割以上が負ける世界で、負ける人が使う技法ではなくなります。勝利への道が開かれるのです。自分しかしらない自分の為の技法ほど強いモノはありません。

「一番最初に自然と行ったトレード」?もう忘れてますよね。無意識で行っているはずですから覚えているわけありません。逆に無意識で自然と行える、あなたにとって最も重要なトレードだったのです。
逆張り分割は、負けている人が、悩みに悩み抜きどん底を経験し、それでも夢をあきらめずもだえ苦しみ見つけ出した技法です。もしかすると、最初に無意識で行ったトレードの考え方がこの逆張り分割だったのかもしれません。「青い鳥は最初から家にいた」と私は思っています。

玉を増減させるこの技法は誰もマネする事の出来ないあなただけのオリジナルの技法を作る事ができます。一つ一つ現実を受け入れて間違いを削除していけば、みんなの行っている有名な技法は実は最悪な技法だと気づくと思います。と言うか気づいているけどやめられないの人が多いと思います。
目的は「利益を出す」事です。今の自分を変えれるのはあなた自信の意志次第です。今までの知識を捨てる恐怖は考えるだけでも凄まじく恐ろしい事だと思います。出来るのは自殺を考えるくらい追い詰められた人ではないでしょうか?どん底を経験し限界まで追い込まれてやっと入口に入る決断が出来るぐらいです。
そこまで追い込まれて欲しくはありませんので、一度真剣にゆっくり時間をとって将来を見据えたトレードに考え直してみてはいかがでしょうか?

 

コメント