場帳と損小利大

場帳

ただ場帳を見ている人とサンプルから実践を行ってきている人ではすでに天と地ほどの経験の差が生れてきていると思います。目的はあくまで「自分自身」のため、です。おそらくほとんどの方が実践を行ってないと思います。この技法を怪しく思い疑い・・・「ホントに利益でるの?」と・・・
そして納得して行動を起こそうと思った時には既に手遅れになってたり、最初に疑った自分自身を否定する事にもなるので、納得できてもアクションを起こせないと言う事にもなります。
これは人間の心理として結構な割合の人がこのような感情心理を起こしています。「なんとか効果」って(名前忘れた)言って分析研究されています。
「あなたのその考え方○○効果って言うんだよ」って自分の考えや行動を他人から言われるのはいい気がしませんね。

今回は疑いながらも実践で行っている方用になります。

実際1ヶ月ほどの実践を行って来たと思います。少しは「損小利大」についても考えながらトレードしてみたでしょうか?また考えてなかった場合、実践を行った1ヶ月で振り返り「損小利大」を狙えたポイントと自分の心理面との対話を行って見てください。おそらく恐ろしいほど逆に「さや」が動くと思います。
何度も「損小利大」を狙い失敗し、諦めた頃に持ってたら一気に利益になる方向に動く。「私はそんな事ないよ」と思っている方は安心してください。相場の勉強をすればするほどこのようになります。勉強すればするほど勝てなくなる不思議な現象ですね。これは技術面を重視して勉強する事で起こります。相場の勉強は必ず心理面と同時に行う必要があるわけですね。
中には、「最初に技術を勉強してから心理面の勉強をする」なんて言ってた人もいましたが、この時点で技術が先行していますのでここから心理面の勉強をしてもバランスが不安定状態なのでどう頑張っても上達はしません。

もし、サヤ取りから片張りへ転向を考えて将来的に「損小利大」を狙おうと思っている方は、この現実の厳しさを受け入れてください。現実的にどれだけ難しい事を行おうとしているかです。
「損小利大」を狙う時は普段は全く考えていなかったのに何故か直観的に「これいけるんじゃね?」って思った時に行って見てください。また、今は玉を操作する事で利益を上げる方式を行っています。例えばサヤが「35」より縮小している時に仕掛けた玉は「利伸ばし」用。なんて区切るのもいいかもしれませんね。あくまで練習としてですよ。その前に慣れるまで1年以上の繰り返し練習売買が必要となりますので、段階を吹っ飛ばし上級コースを行う危険行為はおやめください。

チャートを見て未来を予測する今までのトレードと、1日1回場帳に記入しグラフを書き変動感覚を受け止めるこの感覚の違いを肌で感じる事は出来ましたでしょうか?一見同じ未来を予測する事だと思うかもしれませんが、全く別物だと感じる事が出来ればいいかなと思います。予測とは違う名前のない予測法ですね。

コメント