出金

人それぞれ生活パターンがあると思います。労働収入のみで生活し、投資資金は将来の為、または、投資での利益を生活費に充てる。とその人の生活スタイルによっては毎月出金したり年1回にしたりとあると思います。

もし、労働収入のみで生活が成り立つのであれば出金、いわゆる締めは年末に行うのが一番良いかと思います。税金用と利益分の出金ですね。そして正月はノートレードで何も考えずプライベートをおおいに楽しんでください。今年の正月は特殊でしたが、普段はみんなもお休みを楽しんでいるので値動きは少なくなっていますので、トレードするだけ無駄かと思います。

出金に対してもみなさん軽く考える人が多いですが、実際は運用資金が減る事を意味していますからね。重要な資金管理を見直す必要が出てくるわけです。前の資金と同じ感覚でトレードして破綻するなんて珍しくない話なので注意してください。その為に正月みたいな連休を利用し感覚のズレを修正して行きます。

次はセミプロで定期的に生活費を出金するタイプ。これは1ヶ月3ヶ月6ヶ月なんて期間を決めて出金するのがいいかと思います。理想が利益全てです。つまり1年で運用する資金に対する建て玉数を一定にする事が目的になります。複利で回さないと言う事ですね。これも怖いのが資金に対する建て玉数の感覚のズレになります。そして運転資金の増資は年始めに行います。これもまた正月を利用した形になりますね。

重要なのがこの感覚のズレ。わかっていても無意識の内にズレた感覚でトレードする事はよくあります。これを修正するのが「休み」を入れる事です。ベストなのが正月なんですよね。年末で締めれるから税金の計算も楽だし。

こんな感じであまり意識してない部分でも相場を行う事に対し重要な項目となる事は多々あります。少しのミスがダイレクトに自分の資金に影響を与えますからね。神経質に考えてもいいぐらいだと思います。

本当でしたら、チャートにラインを引いて「今は市場がトレンド方向に向かっているので買いのチャンスです。」みたいな答えになってない答えを望んでいるのかもしれません。残念ですがここでは、理想を語る事はありません。全て実践の厳しい現実だけです。つまりチャート分析なんて無意味な説明なんてしません。でも、人に納得出来るようなチャート分析を説明する事は出来ますよ。いわゆる教える事を商売とするやり方ですね。爆益になっている風に装うのも簡単です。私が「敵」と認識している人のやり方ですから絶対に行う事はないでしょうね。

コメント