売り手と買い手

なぜ「bit」「ask」があるのか、なぜスプレッドが広がるのかなんて意外と考えないでトレードしている人は多いと思います。
相場の世界に足を踏み入れたなら少しでも疑問や謎があっても解決していかないと変な業者につかまって利用されたりします。

相場はゼロサムゲームの世界です。誰かが勝てば誰かが負けトータルするとゼロになると言う事です。スプレッドはその「売り手」と「買い手」を上手く繋げる為に存在します。
つまり今ドル円を買いたいと思った時に確実に売ってくれる人を探すのです。

画像は株なんか行っていたらよく見る光景かと思います。自分が今買いで持っているドル円を売りたい時、それを買い取ってくれる人を探します。ここでは新規に売りで持ちたい人を探す事になります。ここでは「106.155」なら「売り」で持ちたいから買ってもいいよ。って言っている人が存在しています。この人に売りつけるわけですね。「106.157」で買い取ってくれる人は全くいませんね。このように市場の売り手と買い手を結び成り立ちます。これが世界各国で起こるわけですから膨大な情報量になっていきます。通信システムに自信のないブローカーだとこのスピードに乗っていけないので保険として「106.154」なんてスプレッドを広げて確実に約定させれるように行います。このためECN方式と言えども、ブローカーによってはスプレッドに差が出てきます。

XMなどECN方式を取ってない業者だともっとやりたい放題になってきます。今はどうなのか知りませんが市場が活性化している時間帯は「約定拒否」だったりスプレッドが大きく広がり不利な取引となります。スキャルピングを行う人には死活問題ですよね。ECN方式を取ってない人でスキャルピングで生活している人は確実に存在しません。

一応私はECN方式のブローカーを3社持ってますが、「終値」や「スワップ」「スプレッド」は全て誤差が存在します。不満を持つより、最善の方式でもこのような誤差が存在しているので受け入れるしかないかな?と思っている状態ですね。法的にどうか?と言われても国際法があり細かく決められているわけではありませんので容認するしかないと思います。

私もこのあたりは詳しい所ではないので利益が出せる状態であればいいかなと思っているだけになります。

そして上級者になると、この「売り手」「買い手」を利用するやり方となってきます。この話をすると今度は今まで私が話している事が全て真逆の事を語り始めるので混乱が起こってしまいます。自分でも精神が崩壊するんじゃないのかと思うぐらい集中し考えないといけない事です。一つ一つ段階を踏み理解しないと全てがご破算になってしまう相場の世界です。相場に対する終着点がここなの?ってビックリすると思います。私としては相場に没頭し研究漬けになるより中級レベルで利益を出し満足しプライベートを楽しんでいく方向に考えてもらえたらいいかな?と思っています。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    最善のブローカーを選んだら、あとは現状を受け入れて、そこから利益を出せるように考えて実践していく。
    考えて実践するには研究が必要かと思いますが、それ自体が目的にならないように、本来の目的を見失わないようにします。

    • いろりいろり より:

      研究は楽しくなってしまいますからね。ENEAを研究してた時も楽しくなってきましたから、その時に「これじゃダメ」と自分に言い聞かせてやってました。
      楽しく相場をやりたい人は多いですが、実利を得るのが目的なら楽しさは一切不要です。
      トレードが嫌いになれた時が安定的に勝てるようになれるかと思います。