月曜日の日課

トレード日誌では、月曜日のトレードは致しておりません。でもリアルでは普通に行っています。土曜日の朝のトレードを月曜日にする感じです。

そしてもう一つがUSD/JPYのみの通貨を利用した短期売買です。こちらは日足は利用していなく30分足で行ってます。これは私が負けている時代からのやり方で、利益が出せているので今でも続けています。月曜は休場明けになりますので、「窓」が開く場合がありその戻りを取るなんてのが有名ですよね。それと同じ感覚です。一つのうねりを取る感じです。
日足でのトレードではUSD/JPYでのトレードはまず行いません。仕手銘柄と同じぐらい危険な通貨ペアだと思ってますので・・・
で、負けてる時はやっぱり有名なドル円で最初はみんな行うんですよね。みんな注目しているし、日本の情勢を間近で見て日本を知っていると勘違いしてね。でも実情は乱高下の激しい危険な通貨ペアだと思っています。そして素人ほどこの通貨ペアに手を出して痛い目に合っています。

話飛んだ?えっと、つまり、今の日足を使ったトレードとは別に自分で得意となる時間足や取り方があると言う事です。こう言うの見つけれるとトレード人生にかなりの安心感が出るかと思います。私の場合は「窓」狙いからのうねりや癖でトレードをしている感じです。過去の検証から今現在まで、ドル円の月曜日の値動きを400回以上見て来た事になります。それに対して一つ一つ研究して今もトレードしている感じになります。もちろん仕掛けるタイミングがない時は行いません。

そして、資金やトレード期間、損切りなど全てルール化し玉を操作していきます。他のトレードと比較すると時間軸は短くしてますので、とにかく「あきらめ」が早い事でしょうか。「もういいや」と思ったらサクッと手仕舞いしてその後の値動きは見ません。そして来週月曜日に過去のトレードを忘れて再出発と言った感じでしょうか。

サンプルが取れるか実験をやってどうにか見せれるモノが出来ましたので投稿してみようと思いました。

手仕舞い前

手仕舞い後

チャートも投稿してみますね。MT4と違うのが下の画像でしょうか。仕掛けから手仕舞いまでを線で繋いでます。赤が損失で緑が利益での手仕舞いをいみしています。

大半がノートレードか単発で当日中に手仕舞いするのが基本の姿ですが、今週はこんな感じになっています。

1・1・1・2・3・4・1・2

の8分割の仕掛けとなります。4分割目寸借詐欺に合ってる・・・勝率は80%なので短期トレードとしては良い方だと思います。私としては65%を目標にしており、普段ならとっくに手仕舞いしているのですが、見せるつもりだったので手仕舞いを少し伸ばし勝率を上げてます。
建て玉はその時の感覚で行ってますので根拠はありません。ただ、常に手仕舞いする期間は決めてあり、資金量も決めてますのでそれに対する建て玉になります。短期の場合どうしても寝ちゃうので資金に対する建て玉はかなり余裕を持っています。気になって眠れないようにならずにです。

今は基礎や、資料の作成など忙しいと思います。負けている時にこのような相性の良い時間や通貨ペアなんかあった場合、それに逆張り分割の技法を取り入れてみるのも一つの手だと思います。これは、あくまで将来の事になります。まずは、今やるべきことが先決ですから自分自身に余裕が出てきたら思い出してみてください。

そしてこの後の値動きがどうなろうと知った事ではありません。見るのが面倒なのがホンネですけどね・・・

 

 

コメント