片張り情報

右から「仕掛け前」→「値板」→「仕掛け後」となります。値板の玉の操作の見方がよく理解できない方はこの画像でどうにか理解してもらえればと考えてます。「サヤ取り」や「検証中」の値板も基本同じです。

EUR/GBPは手仕舞いしました。0.867までの戻りを意識してたと言いましたが、2分割目の仕掛けに違和感を感じ手仕舞いです。根本的に仕掛けるスピードが早かったですね。枚数は10枚程度仕掛ける予定でしたので早く玉を増やさないとと感じた焦りによるトレードになってます。また仕掛けれそうでしたら出発はしますが、この感覚や、この手仕舞いは全て忘れ一から進めていきます。
「焦ったトレードをしたのも忘れるの?」と思われるかと思います。人によってはメモを取り同じ過ちは繰り返さないと意識する人もいますが、同じ波は来ない相場の世界でこれは通用しません。「三尊」なんて言っている人がいますが、毎回価格もローソク足の形も微妙に変化しています。その中で自分で決めたルールが通用するわけないのです。

最初はメモを取るのもいいかもしれませんが、書き方には注意してください。確定事項にならないようにです。
目標はルールとして取り決めるのではなく、経験として蓄積し何も考えなくても次のトレードに繋げる事です。

コメント