片張り情報

サヤ取りを最初に投稿してましたので1分割目の仕掛け枚数に違和感を感じるかもしれません。AUD/CADは3枚からのスタートにしました。
仕掛ける玉の数は資金やその通貨ペアの値動きの大きさなどにより変化しています。複数の通貨ペアでトレードしている方は特に通貨ペアによって値動きの幅には注意してないといけません。毎日場帳を付けていくと通貨ペアによる値動きの幅や癖が次第に身に付いてきます。AUD/CADは値動きの少ない通貨ペアだから建て玉数を増やし、GBP/USDは値動きが大きいので建て玉数を減らすなどと行う必要があります。
そして皆さんがよくやらかすのが、チャートでの判断でただラインを引いてエントリーポイントを待って仕掛けるパターンです。シグナルが来たから仕掛けてみたけど、自分の想定とは違う値動きの幅に驚いた事はないでしょうか?
チャートと言う直観的に見てわかるモノを使うとどうしても細かい数字までは見なくなります。
結果エントリーポイントは見つけても、通貨ペアに対する資金管理が把握出来ず痛い目に合う事になります。
何度も同じ過ちをされている方は、相場とは、「三位一体」と言って、技術、メンタル、資金管理から成り立つ事を意識してみてください。

コメント