片張り情報

EUR/CADが指値で引っ掛かり手仕舞いしてます。なんか毎回指値でやられてる気がしますね。仕掛けるタイミングが遅いのかな?
本日は「雇用統計」と言うモノがあるらしいので、一般投資家の動きがわかるでしょう。

日誌では、逆張り分割で行ってますので、仕掛けるタイミングがこのように遅いと建て玉数も少なくなり、利益が少なくなってきます。「上がりそう」になったら「買い」を入れる。この前の記事では、単発の話でしたけど、逆張りの場合は、「底を形成」しそうになったら「底」を探る為に「買い」を分割して入れる。「天井」や「底」なんかは誰にもわからない、ましてや価格の反転なんて見破る事は絶対に不可能です。「逆張り」は「分割」を使う事で初めてその真価を発揮します。

逆張り?・・・「危険」
分割(ナンピン)?・・・「危険」

マイナスとマイナスを掛けたらプラスになっちゃいますね。

他の仕掛けは適当です。まだ、感覚を掴む段階なので、通貨ペアはできるだけ分散し、そして建て玉数も少なくしてます。「雇用統計」らしいですが、そんなの無視出来る資金管理なので週末の貴重なプライベートの時間をそんなもので気にするなんてもったいないです。楽しみましょう。

コメント