コメント回答

こちらのコメントの回答になります。

サヤ取り反省会
今年の反省と来年に向けての考え方を少し書きました。年末は玉を手仕舞い反省会などし来年に向けて考えたりするのが普通です。

今朝は1時間寝坊しました。
目覚ましの音を聞きながら、起きている夢を見ていました。
気付いた時には5時過ぎ(汗)
自分では強い意志でいるつもりでしたが、一段落して気の緩みがあったとおもいます。
年末年始、振り返りに来年の目標、資料作りに研究に、しばしの休息に、大切な時期ですね。
改めて、気を引き締め直して努力を続けていきます。

凄く大事な事を言い忘れていました。年末年始は寝坊して大丈夫です。どちらかと言うと場帳も付けないでもいいぐらいの感覚です。それぐらい年末年始の市場と通常の市場は別になります。どちらかと言うと旅行などプライベートを充実させる期間が年末年始になると考えてもらってもいいです。相場の事を一切忘れましょう。
と言ってもそれはプロになった後のお話になるんですけどね。

今はほとんどの人がトレードで興奮や楽しさを求めています。プロは逆で、トレードはあくまで利益を出す為だけの道具にしかすぎません。おそらくトレードやってる人全員最初はこのような考えだと思います。それが段々と楽しさやスリルを求め手段と目的がめちゃくちゃな状態です。それぐらい人間個人の意志って言うのは弱いんですよね。

例えば、半年で今年のノルマの利益が出せたり、また逆で上半期は全く自分の好きな流れにならないなどの理由で「休み」を入れる事があります。よく聞くのが「3ヶ月ばかり海外行ってくるわ」と言って相場の資料何一つ持たず遊びに行く人もいます。その間はきれいさっぱり相場の事を忘れ遊びまくってます。
これはこれで重要な事で相場の利益で生活が出来ている事への実感を自分自身に与える作業になります。相場と言う毎日休みなく続けないといけない作業ですからつまらなく同じ作業の繰り返しですから嫌になってきます。ちゃんと自分にご褒美と言うモノを与えないといけません。これが「休み」です。トレードで仕掛ける通貨ペアがないから「休み」とは別の「休み」になります。トレードで勝っているからプライベートが充実出来ているとの実感を感じるためです。
私がプライベートで趣味なんかを作って欲しいと言っているのはこの事です。勉強や研究に明け暮れて相場でやっと勝てるようになった後に来るのは虚無感です。トレードで勝てるようになると今までの研究と勉強量はごく少量になります。通貨ペアやトレードスタイルにもよりますが、おそらく1日1時間程度で全てが終わってしまいます。この後の自由時間をどのように過ごすかです。労働に身を置いている人はこの自由時間の使い方がわかりません。
同じ自由時間を共有できる人を探しに経営者の参加するセミナーに行き仲良くなり一緒に遊んだりする人もいますが、経営者と投資家はまた別の人種の為、経営者の豪遊に合わせるとトレードに反映され勝てなくなったりもします。
経営者は雇用者に働かせお金を得ています。投資かは自分でお金を回しお金を増やす作業です。この差に気づかず孤独から違う人種に生活レベルを合わせ自滅して行く人もいます。
こんな感じで自滅する人ってけっこういるのです。相場で最後まで生き残れる人は2%程度と言われているのがこの事も含まれているからです。トレードの8割が心理面と言われる意味が少しでも理解出来るといいですが、プライベートでも影響があると言う事です。

一番いいのがパートナーを作って毎日のんびり過ごす事でしょうか?贅沢せずに1日をゆったり過ごす。そして、年1回か2回相場の事自体わすれる為旅行に行くとかね。私の場合はキャンピングカーを買って日本全国旅行しながらトレード生活ってのが夢です。そしてこの日誌を見てくれている人と会い直接アドバイスなんかできるといいかな?なんてね。

相場の事を考えない「休み」を取った後はまた自分自身をトレード環境に戻す必要があります。つまり感覚を取り戻す作業になります。場帳は過去2年ぐらい遡って書くように言いいました。そして今は毎日場帳に終値を記入していると思います。この時にまとめて書いた「終値」と毎日書いている「終値」の値動きの受け止め方に自分自身に差がある事を感じているのではないでしょうか?
旅行から帰って慌てて場帳を作成しトレードに参加する。それじゃ感覚が違い失敗する可能性があります。慌てず毎日場帳を作成し感覚を取り戻し、そしてトレードをするようにしてください。

プロだから、いつでも何処でもすぐにトレード出来るのではなく、プロとしての自覚を自分自身に植え付け、感覚を養い万全の状態になるまで待ち、そしてトレードに参加するのです。

休みについては早めに言っておくべきでしたね。去年作ってたブログではしつこいぐらい書いてたんですが、申し訳ないです。

上達という実感は未だ無く焦りに似た不安はありますが、過去の自分の考えや正しいと思い学習していた事を振り返ると、ずいぶん変化してきたと分かります。

基本的には一般投資家、SNSでコメントしている人の「逆」の事をするのが手っ取り早く勝てるのですが、人間心理そう簡単に人を疑い逆に読むなんてできません。もちろん、プロトレーダー、プロップトレーダー、心理学トレーダーと自分からプロを装っている人のコメントも「逆」で読まないといけません。日本人は肩書に弱いので面白いくらい勝てない法則なのに「いいね」をしてますのでTwitterなんかもう末期です。
最初は「勝癖」を付けて自分自身ブレない考え方を得るまでは外部の情報は遮断するのが一番だと思います。私なんかが完全にそうでしたね。それからFacebookやTwitterでのプロが語るトレードの考え方の異常さに怒りすら湧きましたから。
まぁ、それを信用し負ける人がいるおかげで私たちが生活出来ている現実もありますので今はほとんど何も感じません。勉強をしてない無知な人が狩られているだけですから。
もしここまで成長出来たらTwitterを見てなぜ全部「逆」なのか自己分析してみて自分自身の勉強方法や考え方が正しい裏付けとしてみるのが良いと思います。より一層の実感が得るでしょう。

どうでしょうか?今も「逆」の考え方が出来てますでしょうか?
相場で負けている人は8割以上。つまり、世に出回っている正しいと思われている考え方は間違いである。
これをイコールで繋げるのは群集心理が働き拒絶反応が出ますが、自分を抑え論理的に分析していけば繋がるはずです。これを一つ一つ分析して行くのです。自己洗脳みたいになっちゃいますが、実は、今が自己洗脳中だったりするのですよ。「マトリクス」って映画みたいな事を言ってますね。

今年はとてもお世話になりました。
また、来年度もどうぞ宜しくお願いします。

私はお世話はしません。段取りや道を教える事は出来ますが、進のはあなた自身の努力です。場帳を書くように言っても100人いて1人いればいいぐらい面倒で意味をを理解しない人がいる世界です。勝てるようになっても「感謝」などは絶対にしないでください。この時点で他人に頼った事の証明になり「自己責任の実力主義の世界」にいる自分自身を否定する事になります。
大袈裟かもしれませんが、これぐらいシビアに考えないとほんの少しのミスが破綻につながります。
最初に言いました。学ぶ時は、人に教えるつもりで学ぶように。もし、あなたが誰かに教える時はこの事を忘れないようにしてください。冷たい言い方ですが、それが一番相手のためになります。

今年はもう少し記事を書く予定です。「片張りの反省会」もまだですからね。
一応来年も投稿はこのような感じで行う予定です。まとめて一気に読む分には不適合なブログですが、毎日見て実感させるのが目的なのでこれでいいのかな?

来年も楽しんで読んでもらえればいいかと思います。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    年末年始の件、了解です。
    自分が使いやすい資料の整理の仕方、まとめ方等、現在は不完全な部分も多いので、そちらを中心に見ていきます。

    プライベートを充実して過ごせるようになりたいですね。
    未だに自分へのご褒美をした事がありません。

    キャンピングカーの夢、とても素晴らしいですね。
    そしていつか、全国旅行に出られ、直接お会いする事が出来たらとても嬉しいです。

    Twitterはフルミュートにしてあるので、外部完全遮断になってます。

    『自己責任の実力主義の世界』、的確なお話しですね。
    他人に頼らず、自分の努力で進んでいく事を改めて決意します!