コメント回答

コメント回答の回答っみたいになってしまいました。

コメント回答
サヤ取りへの質問回答になります。

『あきらめ』って、トレードに良い言葉ですね。
なんだかしっくりします。
『常にネガティブ』についてはまだ上手く解釈出来てませんが、『あきらめ』がそこに近づく一歩なんでしょうか。
また『トレードした時の感情』などで、ネガティブな心理の解説をお願いします。

「ネガティブ」は実践をして利益になっていくとどうしても天狗になってしまいます。今は練習と意識してトレードしていると思いますが、生活費を稼ぐ為の実践に変わった時、自分自身がプロとして生きる事を意識した時、心理状態はガラリと変わります。
今は逆張り分割で練習をしていると思いますが、みなさんが思っているFXでの利益の考え方ではとても少なく感じている人がほとんどです。年利に換算すると優秀な成績のはずが、利益の出し方を知ると収支報告書や締め日での検証なんかも疎かになり遊び惚け「おれはプロなんだからいつでも稼げるわ」なんて意識になって行きます。トレードで成功した人が自慢し贅沢をし始めると、途端に勝てなくなる現象です。そしてそれに代わる収入源として人に教えたり、アフィに誘い入れたりしてプロを演じ収入を得る方向へ変わって行きます。
教えるのは技法やチャートの見方など、とても大事な自分自身に対する現状の認識を重要だと教える人は少ないと思います。
当然ですよね。自分が負けた原因を知らない人が人に教えてたりするんですから。その人がFXで何を一番重要か語っているか知ればニセモノかどうか一発で分かっちゃいます。

心理的な誘惑で良くあるのが、逆張り分割でトレードを行っていて1分割目から仕掛けた方向、つまり利益になる方向に動いた時に建て玉が少なく利益を取り損なうと言う現象です。私は「失敗」と定義してますが、「ネガティブ」の考えと言ってもいいのかな?利益になっているのに「失敗」、手仕舞いして利確したのに「失敗での損切り」と意識付けながら行ってます。これが「ネガティブ」じゃないとどうでしょう?逆張りを狙ってたのに利益方向へ動いたのですから、「利益」はプラス思考、考えは正しいと勘違いをしてしまいます。でも建て玉数は少ないので、「予想は当たったのに利益が少ないのはいただけない」なんて思考になり増し玉なんか行うようになってきます。
「安く買って高く売る」が相場の原則であり、この時点で天井掴みの危険な行動を自然と取るようになっていきます。
この現象が人間心理で無意識に起こる危険な現象になります。心理学なんか学べば理解出来る事でしょう。遺伝子に組み込まれている本能の部分です。

この潜在意識に含まれている相場は人間には不向きな現象を抑制し正しい道を進む一つが「ネガティブ」な考え方です。
相場の予想は過去数百年の歴史を見ても完成されていません。つまり、予想なんか出来ない事に対しポジティブになり神にでもなったつもりで傲慢になり自慢する。最初から勝てるゲームではないのです。
勝てる人の割合は数%これは過去から今現在変わらず、そして未来永劫続きます。AI時代になりコンピューターが相場に参戦しても変わりません。この部分も何故なのか興味あるとは思いますが、上手く説明できるものか難しい所です・・・

単純に「上か」「下か」の予想が当たる確率は50%です。そして勉強すればするほど予想が当たる確率は低くなります。その勉強方法が負ける人のやり方なので必然です。

話が脱線してきたので、戻しましょう。

『常にネガティブ』って、こういう時によく言われている『調子がいいから気を付けて行こう、慎重に行こう』というような感じですかね。

調子が良いとどうしても建て玉数を増やし利益を多くしたいと心理状態に陥ります。資金管理や損切りなんか余裕を持って行ってると思いますが、余裕は必ず持たないといけません。私としては資金は常に3倍の余裕資金、そしてプロとして生活して行くと決めたのであれば3年負け続けても生きていける財産の確保が欲しいと思っているぐらいです。
そしてその余裕がポジティブな思考になっている時に無理な建て玉と乗せによる追加の現象を起こします。余裕資金はリスク管理の為の資金のはずが、欲による運転資金となり使い大きな利益を狙っていきます。この時点で自分の本来の資金管理と違うやり方で行う事になりますので、心理的に異常が起きるのは当然の事です。しかも無意識に起こるのでたちが悪い。この後どうなるのかは、経験した人もいると思います・・・無残な結末が待っているでしょう。

まとめると、常に冷静でいられる状況を作る事がとても大事な事と言う事です。その為には普段の生活態度なんかも影響していきます。散財するようになるとトレードにも影響がでて勝てなくなるなんて話も聞きます。労働者をしつつセミプロとしてトレードしている人なんかよく贅沢し始めるようになりますね。一緒に働いている人より余裕で遊べる資金があるんですから天狗になり見下すようになるのも当然なのかもしれません。ですが相場のプロとしてはまだまだ未熟で、真に力を試されるのは労働収入と言う安定収入が消える時です。この時の心理的不安は測り知れないものになります。生活費に困らないだけ貯めて労働を止めるのが一番賢いかもしれません。
まとまらない・・・自分の性癖にもよりますが、他人に見下されようがバカにされようが、簡単に受け入れる「ネガティブさ」があると筋道がズレる事は少なくなると思います。そしてそれを常に正しい道に補正してくれるのが、収支報告書に締め日の検証です。あとサヤ取りの場帳に書いているあの建て玉です。

投稿している内容は必要最低限であり、そして行う理由のある重要な行動でもあります。なぜこれが必要なのか考えて見れくれると嬉しいものです。心理面と対話しつつ理由を探るのは難しいかもしれませんが・・・

年末年始と言うかもう「サヤ取り」しか実践は残っていないので疑問等あればお答えできる余裕は多分あると思います。何かありましたら遠慮なく聞いてください。
もちろん私は年末年始でも勉強は怠りません。

コメント

  1. Evolution-FEvolution-F より:

    ネガティブの解説、じっくりじっくり読ませていただきました。

    確かに1分割目で利益方向に動いた時、一般的な感覚でトレードするとそうなりますね。

    この先練習が進み利益が出るようになった時、さらに相場のみで収入を得られるようになった時、気付かぬうちに思考がズレてしまわないか?
    簡単そうでいて中々難しいですね。

    具体的なお話ありがとうございます。

    教習所だったか、試験場で免許を取れた時だったか、リアルな事故映像を見せられた時を思い出しまします。
    これで運転出来る!と、意気揚々としている所でした。
    しかし忘れてしまうんですよね。
    記憶にはあるんですが、その時『事故だけは起こさないぞ、安全運転で行こう!』って思った感情を。

    いつも教えてくださる帳簿や資料の大切さって、そこにもあるんですね。
    よく同じ事ばかり書いてるって言われてますが、その同じ事を何度も説いてもらえる事で、感情に深く根付いてきています。

    サヤ検証まとめも読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    教えてもらった事、この先ますます自分の経験を通して身に付けて行かなければと実感しております。